持続可能な地域づくりのために、地域と大学を結ぶ新しいプラットフォーム

臨床環境学コンサルティングファーム概要

 人類社会の持続可能性を脅かす諸問題の解決のためには、既存の学問分野を越えた連携研究、そして社会のさまざまなステークホルダーと連携した「トランスディシプリナリー研究」を推進することが必要です。また、持続可能な社会づくりに関わる実践活動を担うリーダー人材を育成し、広く社会の各方面に輩出していかなければなりません。臨床環境学コンサルティングファームはこのような社会連携による研究・人材育成を推進することを目的としています。

 臨床環境学コンサルティングファームは、持続可能な発展のために社会と大学とをつなぐ協働の場を提供します。臨床環境学は、持続可能な地域づくりのための診断から治療までを、分野横断で、地域ステークホルダーと研究者とが協働で行うことを理念としています。この理念の実現に向けて、受託研究、自主研究会、学生研究、助言・講演、研修、その他のプロジェクトの提案営業やワンストップ相談受付を行います。地域社会が、持続可能な地域づくりに関する大学との連携プロジェクトの相談と参画の場を得ることを目指します。また、教員が、地域ステークホルダーと協働して臨床環境学を実践する研究や教育の機会を持つようにしていきます。同時に、サステナブルビジネス、新しい公、途上国・新興国での地域づくりに貢献できる環境人材を育成する場にします。プロジェクトの一部を博士研究員や学生インターンが担うことで、キャリアパス構築支援となることを目指します。

臨床環境学コンサルティングファーム概略図

持続可能な地域づくりのために
地域と大学をつなぐ協働の場作りを行います

臨床環境学コンサルティングファーム
名古屋大学大学院環境学研究科に2014年4月設置

  • 企業・行政、市民などの皆様のワンストップ相談窓口!
  • 地域と大学の共同研究・協力活動を創り出す場!
  • 新たな環境人材の育成とキャリア開発の機会!

コンサルティングファーム概略図

環境学研究科及び生命農学研究科教員の専門分野概要

環境学研究科 社会環境学専攻

Ÿ 環境政策、Ÿ 環境経済学、Ÿ 環境政治学、Ÿ 環境法、Ÿ 環境教育、Ÿ 社会学、Ÿ 心理学、Ÿ 地理学

環境学研究科 都市環境学専攻

Ÿ 土木工学、Ÿ 交通工学、Ÿ 都市計画、Ÿ 建築学、Ÿ 建築計画、Ÿ 地震工学、Ÿ リスクマネジメント、Ÿ 物性科学、Ÿ 環境工学、Ÿ 生態学

環境学研究科 地球環境科学専攻

Ÿ 地球惑星物理学、Ÿ 地球化学、Ÿ 地質学、Ÿ 生物学、Ÿ 大気水圏科学、Ÿ 地球環境システム学

生命農学研究科 生物圏資源学専攻

Ÿ 森林環境資源学、Ÿ 森林生態生理学、Ÿ 森林資源利用学、Ÿ 生物材料工学、Ÿ 森林化学