Education and Research Center for Sustainable Co-Development, Nagoya University

ホーム>センターからのお知らせ>【告知】「トークバトル 鉄路の存在意義、そして存続方策」緊急開催決定!

センターからのお知らせ

2017年08月16日 【告知】「トークバトル 鉄路の存在意義、そして存続方策」緊急開催決定!

「全国で頻発する鉄路廃線問題・・・。その最前線、修羅場で体を張ってきた二人が、いま、ホンネでアツく語る」

 第三セクター鉄道の公募社長として3年弱にわたり利用促進のため奮闘し、鉄道存続と地域活性化に大きなインパクトを与えた『鉄道を守った男』山田和昭さんと、鉄道廃線確定後の代替交通確保に多数携わり、現在もJR北海道の廃線問題にあたっている『鉄道を看取った男』加藤博和の2人が、「修羅場」の内幕をアツく語ります。そして、鉄路の意義と存続方策、そして持続可能な地域を支える公共交通網を守っていくために必要と考えることについて本音で議論します。

日時:2017年9月17日(日)14:00~17:00(終了後、交流会<実費>を予定)

場所:名古屋大学東山キャンパス ES総合館1階 ESホール

   (名古屋市営地下鉄名城線名古屋大学駅、市営バス名古屋大学バス停から徒歩5分 キャンパスマップはこちら

   (経路、会場はバリアフリーに対応しております。会の趣旨を踏まえ、自家用車でのご来場はお控えください。)

参加費:無料(どなたでもご参加いただけます)

申込:下記ウェブサイトをご参照ください。

http://orient.genv.nagoya-u.ac.jp/railway.html