Education and Research Center for Sustainable Co-Development, Nagoya University

ホーム>センターからのお知らせ>ドイツ・日本公開研究セミナー「持続的でレジリエントな都市計画を目指して」開催(終了しました)

センターからのお知らせ

2015年07月23日 ドイツ・日本公開研究セミナー「持続的でレジリエントな都市計画を目指して」開催(終了しました)

共発展センターでは、名古屋大学大学院環境学研究科建築学教室と共催で、以下のとおり、ドイツと日本の研究者で、持続的でレジリエントな都市計画のための研究の視点に関する公開セミナーを開催いたしました。

「持続的でレジリエントな都市計画を目指して」公開セミナー(同時通訳付き)

ドイツ研究振興協会と日本学術振興会による二国間研究セミナー

主催:名古屋大学大学院環境学研究科建築学教室

共催:名古屋大学大学院環境学研究科附属持続的共発展教育研究センター

日時:2015年9月8日(火)~9日(水)

場所:名古屋大学東山キャンパス環境総合館レクチャーホール(アクセス

趣旨:

 地球環境問題の解決には各国の研究交流と協力が不可欠になっています。特に、建築、都市計画の領域では、先進諸国では、人口減少、経済の二極化、地球温暖化やヒートアイランドの進展、激甚災害の増加など多くの問題が横たわり、経済成長時代とは異なる課題への取り組みが強く期待されています。
 本セミナーでは、ライプニッツ生態都市・地域開発研究所及びドレスデン工科大学と名古屋大学大学院環境学研究科都市環境学専攻建築学系の研究者を中心として、地球環境問題を視野に入れた持続的、かつレジリエントな都市を構築するために、
 1)効果的、効率的な物質、エネルギー、施設管理
 2)対災害計画、政策
 3)グリーンインフラストラクチャ
 4)都市計画の歴史
という必要な研究の視点、枠組みを包括的に眺め、ドイツ及び日本の将来の研究や政策立案に重要なキーワードを整理し、相互の継続的連携を図ります。

プログラム:

第一日目 9 月8 日 火曜日 9:30 ~ 18:00(受付開始時間:9:00)
午前 9:30-12:00

1) 挨拶 久野覚 (名古屋大学大学院 前環境学研究科長)
2) 挨拶  神沢博 (名古屋大学大学院 環境学研究科長)
3) 挨拶  Prof. Dr. Bernhard Müller (IOER 研究所 所長)
4) セミナーの趣旨説明 清水裕之 (名古屋大学大学院 教授)

Part 1 都市の持続性とレジリエンシイ 
Session chair: 清水裕之 (名古屋大学大学院 教授)
1) Reconsidering community-based urban planning for a sustainable and resilient future 
 村山顕人(東京大学大学院 准教授)
2) Urban planning and development for sustainable and resilient cities - The German Perspective
 Prof. Dr. Bernhard Müller (IOER 研究所 所長)
3) Urban and regional resilience - Scoping gaps and opportunities for research
 Dr. Paulina Schiappacasse (IOER 研究所 研究員)
4) Issues and development of Japanese urban planning
 片木篤 (名古屋大学大学院 教授)
5) Urban heritage of East Asia and Japan
 西澤泰彦 (名古屋大学大学院 教授)

12:30 ‒ 13:30 Lunch

午後 14:00-18:00
Part 2 都市のエネルギーと物質の循環と管理
Session chair: Prof. Thomas Naumann (IOER 研究所 研究員)
6) Urban planning towards resource efficiency
 Prof. Clemens Deilmann (IOER 研究所 教授)
7) Urban material flow
 谷川寛樹  (名古屋大学大学院 教授)
8) Efficient use of urban energy - energy interchange between multiple buildings
 奥宮正哉  (名古屋大学大学院 教授)
9) Building energy management - Performance verification and system simulation
 田中英紀  (名古屋大学大学院 特任教授)

16:00 ‒ 16:30 Coffee Break

10) Air conditioning system in future
 斉藤輝幸 (名古屋大学大学院 准教授)
11) Sustainability and planning of Japanese public facilities
 小松尚 (名古屋大学大学院 准教授)
12) Facility management
 恒川和久 (名古屋大学大学院 准教授)

18:30 Reception


第二日目 9 月9 日 水曜日 9:00 ~ 17:30(受付開始時間:8:40)

午前 9:00-12:00
Part 3 都市の緑のインフラストラクチャー
Session chair: Dr. Paulina Schiappacasse (IOER 研究所 研究員)
13) Urban ecosystem services and biodiversity offsets
 Prof. Dr. Wolfgang Wende (IOER 研究所 教授)
14) Urban green infrastructure and demographic change
 Dr. Stefanie Rößler (IOER 研究所 研究員)
15) Urban sustainability and urban climate
 高取千佳 (名古屋大学大学院 助教)

10:30 ‒ 11:00 Coffee Break

16) Present and future projections of urban climate based on downscaling techniques
 飯塚悟 (名古屋大学大学院 准教授)
17) Sustainable landscape management
 清水裕之 ( 名古屋大学大学院 教授)

12:30 ‒ 13:30 Lunch

午後 13:30-17:30
Part 4 都市のリスクマネジメント
Session chair: Prof. Hiroki Tanikawa
18) Environmental risks in urban and regional development
 Dr. Thomas Naumann (IOER 研究所 研究員)
19) Pre-reconstruction plan in Japan
 廣井悠 (名古屋大学大学院 准教授)
20) Water disasters and risks in Japan
 田代喬 (名古屋大学大学院 准教授)

15:00 ‒ 15:30 Coffee Break

Part 5 クローズド・セッション
Session chairs: Prof. Hiroyuki Shimizu / Prof. Bernhard Müller
21) Possibilities of joint research on sustainable and resilient urban planning and development - The German perspective
 Dr. Andreas Otto (IOER 研究所 研究員)
22) Possibilities of joint research on sustainable and resilient urban planning and development- The Japanese perspective
 Dr. Yasuhiko Nishizawa (名古屋大学大学院 教授)
23) 最終討論

申し込み先:
どなたでも参加できますが、事前に下記のメールアドレスに参加人数と代表者御氏名、御所属、連絡電話番号あるいはメールアドレスをご一報ください。

名古屋大学大学院環境学研究科都市環境学専攻 清水研究室
担当 高取千佳 takatori@corot.nuac.nagoya-u.ac.jp