名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

基礎環境学

地域に立脚して、診断から治療まで一貫して扱い、現場での問題解決をめざす臨床環境学に対して、地域を超えた共通性のある問題やグローバルな普遍性のある課題を診断・治療の両面から扱うのが基礎環境学です。

従来、環境学は、主に理学系による地球生命圏の一部として人間圏を捉える立場(地球環境科学)と、主に工学・農学・社会科学系によるあくまでも人間を中心として、その外囲としての環境を扱う立場(都市・社会環境学)とが分かれていました。前者は診断的な研究が中心となり、グローバルな扱いが進んでいるのに対し、後者は治療的な研究が最終目標であり、地域的な取り組みに立脚しているという特徴があります。

しかし、地域の環境問題を扱う上でもグローバルな視点は不可欠であり、一方、グローバルな課題の対応策を構築する上でも地域での実態把握や治療効果の検証が不可欠です。このため、基礎環境学では地域を超えた共通の課題に対して、診断から治療まで、さらには治療による影響評価までを一つのサイクルとして総合的に扱う学問体系をめざします。各地域での臨床研究の比較による普遍概念の抽出や方法論の選定、グローバルな課題に対するさまざまな空間スケールや時間スケールでの診療の検討、さらには環境学の基盤にある哲学や自然観・人間観の掘り下げなどを行っていきます。

テーマ例

Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.