名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

COE関係者の業績

発表・講演

    国際組織による集会

  1. 林良嗣, Sustainability of Asia: Economic Development, Urbanization, Lowering Birth Rate/Aging and Climate Change, 持続可能な社会のための科学と技術に関する国際会議2011, 国立京都国際会館, 2011年9月15日.
  2. Ichikawa, H., H. Masunaga, Y. Tsushima, H. Kanzawa, Analysis of cloud property and radiative effects associated with tropical convection in climate models, AGU Fall Meeting, San Francisco, U.S.A., 2011年12月5日-2011年12月9日.
  3. Kanzawa, H. and Y. Harada, An analysis of latitudinal distributions of poleward energy transport by the atmosphere and its change using a 32-year reanalysis dataset, International Workshop on "Impact of Asian Megacity Development on Local to Global Climate Change" (2#Und #URMOST-JST Project Meeting), Suzhou, China, 2011年12月21日-2011年12月22日.
  4. Kanzawa, H. and Y. Harada, An analysis of latitudinal distributions of poleward energy transport by the atmosphere and its change using a 32-year reanalysis dataset, The 3#Urd #URNanjing University - Nagoya University Joint Workshop on Climate and Environment, Suzhou, China, 2011年12月23日-2011年12月24日.
  5. Chen LIU, Qinxue WANG, Kelin WANG, Yonghui YANG, Zhu OUYANG, Yaoming LIN, Yan LI, Alin LEI, Tetsuzo YASUNARI, Recent Trends of Nitrogen Flow of Typical Ecosystems in China , Planet Under Pressure 2012, 2012年3月25日-2012年3月30日.
  6. Shunsuke Endo, Hiroshi Mori, Yui Koketsu, Simon Wallis, Transitional Epidote-to-Lawsonite Eclogite Facies Metamorphism and Very Low Temperature Retrogression of the Franciscan Metabasite from Jenner, California, American Geophysical Union, 2011年12月5日-2011年12月9日.
  7. Mori Hiroshi, Simon Wallis, Koichiro Fujimoto, Norio Shigematsu, Detection of Shear Heating from the Sanbagawa Belt nearby the Median Tectonic Line by using Raman Carbonaceous-Material Geothermometer, American Geophysical Union, 2011年12月5日-2011年12月9日.
  8. Simon Wallis; Hiroshi Mori; Takeshi Sagiya; Kazuhiro Ozawa; Pilong Shi; Toshio Nakamura; Bihong Fu; Mayumi Mitsuishi, Uplift of lake shorelines around Lake Nam Co and estimates of mid crustal viscosity in Tibet, American Geophysical Union, San Francisco, 2011年12月5日-2011年12月9日.
  9. Mayumi Mitsuishi; Simon Wallis; Mutsuki Aoya; Jeffrey Lee; Yu Wang, Part I: E-W extension at 19 Ma in the Kung Co area, S. Tibet: evidence for contemporaneous E-W and N-S extension in the Himalayan orogen, American Geophysical Union, 2011年12月5日-2011年12月9日.
  10. Jeffrey Lee; Christian Hager; Simon Wallis; Daniel F. Stockli; Martin Whitehouse; Mutsuki Aoya; Yu Wang, Part 2: (U-Th)/He data from the Kung Co rift--Middle to Late Miocene Extremely Rapid Exhumation, Southern Tibet, American Geophysical Union, San Francisco, 2011年12月5日-2011年12月9日.
  11. 角野 浩史, 遠藤 俊祐, 吉田 健太, 水上 知行, Wallis Simon, 平島 崇男, Ray Burgess, Chris Ballentine , 三波川変成帯のカンラン岩とエクロジャイトに捕獲されたスラブ起源ハロゲンと希 ガス, 日本地球惑星科学連合2011, Makuhari Messe, 2011年5月22日-2011年5月27日.
  12. 森宏 ウォリス=サイモン 藤本光一郎 重松紀生 , ラマン分光分析を用いたMTL近傍・三波川帯での剪断熱検出, 日本地球惑星科学連合2011, Makuhari Messe, 2011年5月22日-2011年5月27日.
  13. Aya Nishii, Simon Wallis, Tomoyuki Mizukami, Katsuyoshi Michibayashi, Subduction related Antigorite CPO patterns from forearc mantle in the Sanbagawa belt, southwest Japan, JpGU 2011, 2011年5月22日-2011年5月27日.
  14. Simon Wallis, Kazuhiro Ozawa, Hiroshi Mori, Takeshi Sagiya, Toshio Nakamura, Deformation of Lake Shorelines and Mid Crustal Flow in Tibet, JpGU 2011, Makuhari Messe, 2011年5月27日.
  15. Izabell Nowak, Shunsuke Endo, Simon Wallis, The extent of eclogite metamorphism in the Sanbagawa belt, Japan - petrological studies of garnet amphibolite in the western Kii Peninsula, International Eclogite Conference, 2011年8月6日-2011年8月9日.
  16. 森宏 ウォリス=サイモン 藤本光一郎 重松紀生 , 炭質物ラマン分光分析を用いた、中央構造線近傍・三波川帯における剪断熱検出, 日本地質学会第118年学術大会, 2011年9月9日-2011年9月11日.
  17. 藤本光一郎 田中伸明 重松紀生 森宏 ウォリス=サイモン, 中央構造線を貫く連続コアによる断層帯内部構造解析と内陸地震, 日本地質学会第118年学術大会, 2011年9月9日-2011年9月11日.
  18. Sei-ichiro Watanabe, The chronology of the Solar System based on lunar and planetary exploration, Formation of Stars & Planets 2011, Ishigakijima, 2011年10月6日.
  19. YOKOYAMA Satoshi, Changes in Shifting Cultivation and Farmers' Livelihood in the Mountainous Mainland Southeast Asia, International Geographical Union (IGU), 2011 Santiago Conference, Liberator Bernardo O`Higgins Military School, Santiago, Chile, 2011年11月15日-2011年11月20日.
  20. Uezato, T., Oshigami, S., Yamaguchi, Y., Momose, A., Arvelyna, Y., Kawakami, Y., Yajima, T., Miyatake, S., and Nguno, A.K., Geological mapping of the sourthern Namibia using ASTER data, 39th ASTER Science Team Meeting, Tokyo, Japan, 2011年6月6日-2011年6月9日.
  21. Kato, S., Matsunaga, T., Nakamura, R., and Yamaguchi, Y.,, Relationship between nighttime surface temperature and sky view factor in Tokyo by ASTER and PRISM data, 39th ASTER Science Team Meeting, Tokyo, Japan, 2011年6月6日-2011年6月9日.
  22. Yamaguchi, Y. and Pham, M.H., Urban growth and change analysis using remote sensing and spatial metrics, 39th ASTER Science Team Meeting, Tokyo, Japan, 2011年6月6日-2011年6月9日.
  23. Yamaguchi, Y., Fujita, M., Tachikawa, T., Kato, M., Tsu, H., Abrams, M.J., and Maldonado, L., ASTER operation scenario and status, IGARSS 2011 Symposium, Vancouver, Canada, 2011年7月24日-2011年7月29日.
  24. Ho, L.T.K., Yamaguchi, Y., and Umitsu, M, Automated micro-landform classification by combination of satellite images and SRTM DEM, IGARSS 2011 Symposium, Vancouver, Canada, 2011年7月24日-2011年7月29日.
  25. Chen, X., Yamguchi, Y., and Chen, J., Scale effect of vegetation index based thermal sharpening: simulation study based on ASTER data, IGARSS 2011 Symposium, Vancouver, Canada, 2011年7月24日-2011年7月29日.
  26. Oshigami, S., Uezato, T., Yamaguchi, Y., Arvelyna, Y., Momose, A., Kawakami, Y., Yajima, T., Miyatake, S., and Nguno, A.K., Mineral index maps of the southern Namibia using HyMap and ASTER data, IGARSS 2011 Symposium, Vancouver, Canada, 2011年7月24日-2011年7月29日.
  27. Yasushi Yamaguchi, Rapid response of the remote sensing community to the Great East Japan Earthquake, International Symposium on Remote Sensing 2011, Yeosu, Korea, 2011年11月2日-2011年11月4日.
  28. Ho, L.T.K., Yamaguchi, Y., and Umitsu, M., Significance of combining SRTM DEM and satellite images for generating automated micro-landform map, Geomorphometry 2011 International Conference on Digital Terrain Modeling, Los Angeles, California, U.S.A., 2011年9月7日-2011年9月9日.
  29. Kazuhiko Fukushima, Kaori Saito and Katsushi Kuroda, Application of TOF-SIMS to the direct determination , SISS13, Toyota Central R&D Labs., Inc., 2011年6月23日.
  30. Kazuhiko Fukushima, Kaori Saito and Katsushi Kuroda, Application of TOF-SIMS to the direct determination of plant components and introduction of Cryo TOF-SIMS/SEM system , BMMP12, 名古屋大学, 2012年1月24日-2012年1月27日.
  31. Y. Imamura, H. Nishimura, Y. Matsushita, M. Katahira, K. Fukushima, N. Terashima, Structural analysis of lignin by a specific 13C-enrichment technique combined with 2D NMR of whole cell wall of ginkgo tracheid, Twelfth International Symposium on Biomimetic Materials Processing, Nagoya, 2012年1月24日.
  32. Kousuke Ioka, Yasuyuki Matsushita, Takanori Imai, Kaori Saito, Kazuhiko Fukushima, Analysis of lignin structure using ToF-SIMS, Twelfth International Symposium on Biomimetic Materials Processing, Nagoya, 2012年1月24日.
  33. Yoshida, H., Asahara, Y., Minami, M. and Maruyama, I, Carbonation of anthropogenic concrete; Evaluation of carbonation process in concrete with analysis of carbon isotopes (14C, δ13CPDB), 12th Natural Analogue Working Group Workshop, ラルナカ, 2011年.
  34. Yoshida, H., Asahara, Y., Minami, M. and Maruyama, I, Carbonation of anthropogenic concrete; Evaluation of carbonation process in concrete with analysis of carbon isotopes, 12th Natural Analogue Working Group Workshop, ラルナカ(キプロス), 2011年11月13日.
  35. I. Maruyama, Origin of drying shrinkage of hardened cement paste: hydration pressure, Proceedings of International Conference on the Cement Chemistry XIII, 2011年7月6日.
  36. Shin-ichi Yamamoto, The Carbon Economy of Forest Ecosystems -From the Perspective of Global Climate Change, Shanghai Forum 2011, 2011年5月27日-2011年5月30日.

    国内組織による集会

  1. 林良嗣, 生活の豊かさを築くラストチャンス~クオリティストック&スマートシュリンク, 第6回都市再生フォーラム「都市・価値の再創造」, サントリーホール, 2011年5月13日.
  2. 清野純史,古橋勝也,武村正義, 日本が生活の豊かさを築くラストチャンス-クオリティストック&スマートシュリンク-, 第2回安寧の都市ユニットシンポジウム 災害と環境から安寧の都市を構想する, 京都大学百周年時計台記念館 百周年記念ホール, 2011年7月23日.
  3. 村上周三,松下雋,水口哲, パネルディスカッション「気候変動・少子高齢化複合時代の凝集・連携・共助-クオリティストック&スマートシュリンクー, 「環境未来都市」構想推進フォーラムin中部, 名古屋商工会議所, 2011年5月20日.
  4. 藤井克己,林良嗣, レジリエントな地域社会の再生と創造へ向けて, 東日本大震災IATSS特別シンポジウム~しなやかな地域社会と再生と創造を目指して~, 丸ビルホール, 2011年11月3日.
  5. 林良嗣, スマートシュリンク:しなやかで魅力ある国土・社会づくり, 玉野総合コンサルタント株式会社創立60周年記念講演会「しなやかで魅力ある中部圏のまちづくり~東日本大震災をターニングポイントとして考え直す~」, 名古屋東急ホテル, 2011年10月25日.
  6. 林良嗣, 東日本大震災:復興は持続性を考えて”スマートシュリンク”で, 中部企業内技術士懇談会との合同例会, 花車ビル, 2011年7月9日.
  7. 林良嗣,馬場正尊,藻谷浩介,山田桂一郎, パネルディスカッション「都市・価値の再創造」, 第6回都市再生フォーラム, サントリーホール, 2011年5月13日.
  8. 菅田誠治・秋吉英治・中村哲・神沢博, 南北両半球における冬季成層圏極渦の孤立性の年々変動, 日本気象学会 2011年度春季大会, 東京, 2011年5月18日-2011年5月21日.
  9. 原田祐輔・神沢博, 大気による極向きのエネルギー輸送の緯度分布とその変化―ERA-Interimデータを用いた解析―, 日本気象学会 2011年度秋季大会, 名古屋大学, 2011年11月16日-2011年11月18日.
  10. Simon Wallis, チベット南部に分布する片麻岩と花崗岩の年代論, 名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム, 2012年1月12日-2012年1月13日.
  11. 森なつみ ウォリス・サイモン, 炭質物の石墨化におけるタイムスケールの検証, 変成岩などシンポジウム, 京都, 2012年3月23日-2012年3月25日.
  12. ウォリス・サイモン, 湖の段丘の隆起を用いたチベットの中部地殻におけるchannel flowモデルの検証, 変成岩などシポジウム, 2012年3月23日-2012年3月25日.
  13. 井上祐策, ウォリス・サイモン, 石英の変形機構に対する天然からの制約 ~東南極,ルンドボークスヘッタの例~, 変成岩などシンポジウム, 京都, 2012年3月23日-2012年3月25日.
  14. 青矢睦月,纐纈佑衣,遠藤俊祐,清水瞳,水上知行,中村大輔,Simon Wallis, モデル計算を用いた接触変成岩の温度見積もり,及びラマン炭質物温度計の接触変成岩への適用, 変成岩などシンポジウム, 京都, 2012年3月23日-2012年3月25日.
  15. 永冶方敬 ウォリス・サイモン, Dehydration breakdown of antigorite and the formation of b-type olivine CPO, 変成岩などシンポジウム, 2012年3月23日-2012年3月25日.
  16. ウォリス=サイモン 森宏 小澤和浩 鷺谷威 中村俊夫 シピロン, チベット中央部のナムツォ湖周辺に分布する段丘から制約した高い粘性を持つ中部地殻, 日本地質学会第118年学術大会, 2011年9月9日-2011年9月11日.
  17. 青矢睦月 纐纈佑衣 遠藤俊祐 清水瞳 水上知行 中村大輔 ウォリス=サイモン, 接触変成岩への適応を通じて得られたラマン炭質物温度計の実用に関するいくつかの知見, 日本地質学会第118年学術大会, 2011年9月9日-2011年9月11日.
  18. 纐纈佑衣 水上知行 青矢睦月 原英俊 中村大輔 遠藤俊祐 ウォリス=サイモン, 炭質物の温度上昇に伴う構造へんかとラマンピーク半値幅を用いた低温領域に適応可能な温度計の開発, 日本地質学会第118年学術大会, 2011年9月9日-2011年9月11日.
  19. 遠藤俊祐 ウォリス=サイモン 壷井基裕 青矢睦月 上原真一, 三波川帯エクロジャイトのゆっくり沈み込みと浮力上昇, 日本地質学会第118年学術大会, 2011年9月9日-2011年9月11日.
  20. 加藤丈典 Wallis, Simon, 造岩鉱物中の酸素の高精度EPMA定量分析法, 日本地質学会第118年学術大会, 2011年9月9日-2011年9月11日.
  21. 遠藤俊祐 森宏 纐纈佑衣 ウォリス=サイモン , フランシスカン帯の高圧変成岩ブロックの加水後退変成作用と流体不飽和な相平衡, 日本地質学会第118年学術大会, 2011年9月9日-2011年9月11日.
  22. 横山 智, ラオス山地部の土地・森林資源利用の変化, 日本地球惑星連合2011年大会, 2011年5月22日.
  23. 横山智,岡本耕平,竹中千里, 多分野連携プロジェクトにおけるフィールドワークの成果と課題ー名古屋大学グローバルCOEプログラムを事例としてー, 2011年日本地理学会秋季学術大会, 大分大学, 2011年9月23日-2011年9月25日.
  24. 横山智,岡本耕平,竹中千里, ラオス農山村地域の生活と近年の変化, JICA地球ひろば 月間国別特集関連イベント ラオス, JICA地球ひろば, 2011年8月21日.
  25. 檜山哲哉,山口 靖,太田岳史,高倉浩樹,井上 元, 温暖化するシベリアの自然と人, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張, 2011年5月.
  26. 石山 謙,熊本篤志,小野高幸,寺田直樹,加藤雄人,山口 靖,押上祥子, 衝突クレーター周辺におけるレーダサウンダ観測と地形・分光カメラ観測の対比に基づく晴れの海表層の誘電率推定, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張, 2011年5月.
  27. 上里達実,押上祥子,山口 靖,百瀬 敦,イシル アルフェリナ,川上 裕,矢島太郎,宮武修一,アナ カレン ネグウノ, ASTERデータを用いたナミビア共和国南部の地質マッピング, 日本リモートセンシング学会第50回学術講演会, 東京, 2011年5月26日-2011年5月27日.
  28. 白井 嵐,押上祥子,山口 靖,大竹真紀子,並木則行,唐牛 譲, かぐや(SELENE)搭載Multi-band Imager データを用いたFeO・TiO2 量推定法の検討, 日本地球惑星科学連合2011年大会, 幕張, 2011年5月23日.
  29. Oshigami, S., Okuno, S., Yamaguchi, Y., Ohtake, M., Haruyama, J., Kobayashi, T., Kumamoto, A., and Ono, T., The layered structure of lunar maria: Identification of the HF-radar reflector in Mare Serenitatis using multiband optical images, 2011 PERC Planetary Geology Field Symposium, Kitakyushu, Japan, 2011年11月5日-2011年11月6日.
  30. 押上祥子,上里達実,山口 靖,イシル アルフェリナ,百瀬 敦,川上 裕,矢島太郎,宮武修一,アナ ヌグノ, HyMapデータを用いたナミビア共和国南部の鉱物マッピング:Continuum-removal MSAM法の適用, 日本リモートセンシング学会第51回学術講演会, 弘前大学, 2011年11月10日-2011年11月11日.
  31. 上里達実,押上祥子,山口 靖,百瀬 敦,イシル アルフェリナ,川上 裕,矢島太郎,宮武修一,アナ ネグノ, HyMapデータを用いたナミビア共和国南部の地質マッピング, 日本リモートセンシング学会第51回学術講演会, 弘前大学, 2011年11月10日-2011年11月11日.
  32. 加藤杏奈,脊戸山佑子,水田ゆかり,佐々井崇博,山口 靖, 新たな現地観測データセットを用いた全球土地被覆図の開発, 日本リモートセンシング学会第51回学術講演会, 弘前大学, 2011年11月10日-2011年11月11日.
  33. 脊戸山佑子,佐々井崇博,山口 靖, MODIS陸域プロダクトを用いた日本域におけるNEPの時空間パターン解析, 日本リモートセンシング学会第51回学術講演会, 弘前大学, 2011年11月10日-2011年11月11日.
  34. 仲井沙織,佐々井崇博,山口 靖, 衛星データ複合利用型陸域生物圏モデルBEAMSを用いた水田の炭素収支解析, 日本リモートセンシング学会第51回学術講演会, 弘前大学, 2011年11月10日-2011年11月11日.
  35. 加藤創史,松永恒雄,山口 靖, ASTERデータを用いた都市域の日陰・日向地表面温度の推定, 日本リモートセンシング学会第51回学術講演会, 弘前大学, 2011年11月10日-2011年11月11日.
  36. 石山 謙,熊本篤志,小野高幸,寺田直樹,加藤雄人,山口 靖,押上祥子, レーダーサウンダと地形カメラの観測に基づく衝突クレーター周辺における月表層の誘電率分布の推定, 第44回月・惑星シンポジウム, 相模原, 2011年8月1日-2011年8月3日.
  37. Shirai, A., Oshigami, S., Yamaguchi, Y., Namiki, N., Ohtake, M., and Karouji, Y., Validation of method for estimating abundance of FeO using Kaguya (SELENE) Multiband Imager data, 2011 PERC Planetary Geology Field Symposium, Kitakyushu, Japan, 2011年11月5日-2011年11月6日.
  38. Oshigami, S., Okuno, S., Yamaguchi, Y., Ohtake, M., Haruyama, J., Kobayashi, T., Kumamoto, A., and Ono, T., The layered structure of lunar maria: Identification of the HF-radar reflector in Mare Serenitatis using multiband optical images, 6th KAGUYA (SELENE) Science Working Team Meeting,, Nagoya, Japan, 2012年1月10日-2012年1月12日.
  39. Ishiyama, K., Kumamoto, A., Ono, T., Terada, N., Katoh, Y., Yamaguchi, Y., and Oshigami, S., Estimation of the permittivity in the lunar surface layer based on Lunar Radar Sounder, Terrain Camera, and Multiband Imager onboard Kaguya spacecraft (SELENE), 6th KAGUYA (SELENE) Science Working Team Meeting, P08, Nagoya, 2012年1月10日-2012年1月12日.
  40. 岡本耕平,森田匡俊,谷謙二,佐藤久美」, 東日本大震災被災地における外国籍住民の分布と支援活動, 日本地理学会春季学術大会, 2012年3月27日-2012年3月29日.
  41. 寺島典二、福島和彦、吉田正人、Ulla Westermark, 針葉樹仮道管壁複合中間層におけるリグニン‐多糖類 -超分子複合体の形成に関する考察, 第56回リグニン討論会, 鶴岡, 2011年9月15日-2011年9月16日.
  42. 福島和彦, リグニン バイオマス利用の鍵, グリーンエネルギーシステムシンポジウム, 名古屋大学VBL, 2012年3月12日.
  43. 福島和彦, 低炭素社会を可能とするバイオマスエネルギー利用~森林資源の有効な利用のための木質バイオマス~ , なごや環境大学共育講座, 名古屋市東生涯学習センター, 2011年12月13日.
  44. 福島和彦, 持続可能な社会に向けて バイオマス利用の鍵, 公益社団法人日本技術士会 中部本部 冬季例会, 名古屋都市センター , 2011年12月3日.
  45. 福島和彦, 森林利用Ⅱ(森林再生コース)木材・バイオマス利用    , あいち海上の森大学, あいち海上の森, 2011年11月19日.
  46. 井岡昂介、松下泰幸、今井貴規、斉藤香織、福島和彦, TOF-SIMSを用いたリグニン構造の解析, 第56回リグニン討論会, 鶴岡, 2011年9月15日-2011年9月16日.
  47. 橋本 薫、八神 祐絵、堀尾 文彦、小林 美里、松下 泰幸、今井 貴規、福島 和彦, ラット体内におけるフェニルプロパノイド単量体のマンマリアンリグナンへの変換, 2012年度日本農芸化学会, 京都, 2012年3月.
  48. 橋ヶ谷尚大、竹内雅人、松下泰幸、今井貴規、福島和彦, モノリグノールの重合過程に関する研究~コニフェリルアルコールとコニフェリルアルコール二量体の重合~, 第62回日本木材学会大会, 札幌, 2012年3月.
  49. 白河 学、黒田克史、渡辺陽子、渡辺 誠、小池孝良、齋藤香織、松下泰幸、今井貴規、高間瑠佳、福島和彦, CryoToF-SIMS/SEMシステムによる植物生体成分の分子マッピングの試み, 第62回日本木材学会大会, 札幌, 2012年3月.
  50. 井岡昂介、松下泰幸、今井貴規、斉藤香織、福島和彦, TOF-SIMSを用いたリグニン構造の解析, 第62回日本木材学会大会, 札幌, 2012年3月.
  51. 真清高志,松下泰幸,今井貴規, 福島和彦, TOF-SIMSを用いた抄紙薬品の吸着挙動解析-アルケニルコハク酸(ASA)の吸着挙動について-, 第62回日本木材学会大会, 2012年3月.
  52. 竹内雅人、松下泰幸、今井貴規、福島和彦, ピノレジノールを含むモノリグノール3量体および4量体の合成, 2011年度日本木材学会中部支部大会, 静岡, 2011年10月.
  53. 橋ヶ谷尚大、松下泰幸、今井貴規、福島和彦, ジリグノールの酵素的脱水素重合における反応速度, 2011年度日本木材学会中部支部大会, 静岡, 2011年10月.
  54. 丸山一平,堀口直也, セメントペーストの引張クリープについて, 第65回セメント技術大会, メトロポリタンホテル, 2011年5月19日.
  55. 寺本篤史,丸山一平, 各種ポルトランドセメントの若材齢におけるセメント硬化体の体積変化, 第65回セメント技術大会, メトロポリタンホテル, 2011年5月19日.
  56. 丸山一平,檀康弘,伊代田岳志,佐藤幸惠, 乾燥収縮後の乾燥開始材齢が収縮量へ及ぼす影響に関する考察, 第65回セメント技術大会, メトロポリタンホテル, 2011年5月19日.
  57. 石関浩輔,丸山一平,寺本篤史, 収縮低減剤が高炉セメントペーストの若材齢線膨張係数に及ぼす影響, 第65回セメント技術大会, メトロポリタンホテル, 2011年5月19日.
  58. 五十嵐豪,丸山一平, 各種ポルトランドセメント硬化体の比表面積と水和反応の関係, 第65回セメント技術大会, メトロポリタンホテル, 2011年5月19日.
  59. 浅原良浩, 南 雅代, 丸山一平, 吉田英一 , 炭素・酸素同位体分析による実構造物中のコンクリートの中性化進行評価の試み., 第23回名古屋大学年代測定総合研究センターシンポジウム, 名古屋大学, 2011年.
  60. 藤森繁,丸山一平, セメントペーストの曲げ強度の相対湿度依存性に関する基礎的検討, 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 2011年.
  61. 五十嵐豪,丸山一平, 熱力学平衡モデルによるC-S-Hの吸着性状に及ぼす温度の影響に関する考察, 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 2011年.
  62. 堀口直也,高松伸之,丸山一平, 含水率の変化による窯業系サイディングの体積変化に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 2011年.
  63. 青木孝義,迫田丈志,高橋典之,松井智哉,岸本一蔵,濱崎仁,湯浅昇,丸山一平,奥田耕一郎,谷川恭雄,中埜良昭, イタリア・ラクイラ自身により被災した文化遺産建築 その1 調査概要とモニタリングシステム, 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 2011年.
  64. 奥田耕一郎,青木孝義,迫田丈志,高橋典之,松井智哉,岸本一蔵,濱崎仁,湯浅昇,丸山一平,谷川恭雄,中埜良昭, イタリア・ラクイラ自身により被災した文化遺産建築 その2 調査対象建物の概要, 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 2011年.
  65. 岸本一蔵,濱崎仁,迫田丈志,高橋典之,松井智哉,湯浅昇,青木孝義,丸山一平,奥田耕一郎,谷川恭雄,中埜良昭, イタリア・ラクイラ自身により被災した文化遺産建築 その3 静的モニタリングの概要と結果, 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 2011年.
  66. 三谷裕二,石川伸介,寺本篤史,丸山一平,立山創一,谷村充, 超高強度RC柱部材の初期ひび割れ制御に関する検討(その1 実験計画,コンクリートの基本物性), 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 2011年9月.
  67. 石川伸介,三谷裕二,寺本篤史,丸山一平,立山創一,谷村充, 超高強度RC柱部材の初期ひび割れ制御に関する検討(その2 模擬RC柱試験-膨張材および初期保温養生の効果-), 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 2011年9月.
  68. 寺本篤史,三谷裕二,石川伸介,丸山一平,立山創一,谷村充, 超高強度RC柱部材の初期ひび割れ制御に関する検討(その3 模擬RC柱試験-収縮低減剤および収縮低減剤・膨張材併用の効果), 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 2011年9月.
  69. 丸山一平,勅使川原正臣,諏訪田晴彦,谷村充,三谷祐二,中村聡宏,寺本篤史, 自己収縮が超高強度コンクリートを用いたRC短柱の構造挙動に及ぼす影響に関する検討, 日本建築学会大会学術講演梗概集(関東), 2011年9月.
  70. 杉江和,篠野宏,西岡由紀子,丸山一平, 多層多スパン不静定RC構造物における施工プロセスが部材の収縮応力に及ぼす影響, 日本建築学会東海支部研究発表会, 2012年2月.
  71. 西岡由紀子,五十嵐豪,丸山一平, 水分移動と中性化反応プロセスを考慮したコンクリートの中性化モデルの基礎的検討, 日本建築学会東海支部研究発表会, 2012年2月.
  72. 篠野宏,寺本篤史,五十嵐豪,丸山一平,谷村充,三谷裕二, 水和圧理論に基づく超高強度セメントペーストの自己収縮プロセスの評価, 日本建築学会東海支部研究発表会, 2012年2月.
Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.