名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

COE関係者の業績

論文

  1. Sato H, Ise T: Effect of plant dynamic processes on African vegetation responses to climate change: analysis using the spatially explicit individual-based dynamic global vegetation model (SEIB-DGVM). Journal of Geophysical Research - Biogeosciences, 2012年8月.
  2. Xiao LUO, Yoshitsugu HAYASHI: Freight Transport CO2 Emission and Its Decomposition in Mega Cities of China -A Case study of Beijing and Shanghai-. 土木学会論文集G(環境), 68(6), 99-107, 2012年10月.
  3. Ji Han, Yoshitsugu Hayashi, Peng Jia, and Quan Yuan: Economic Effect of High-Speed Rail: Empirical Analysis of Shinkansen's Impact on Industrial Locaton. JOURNAL OF TRANSPORTATION ENGINEERING, 1381(12), 1551-1557, 2012年12月.
  4. 岡田有祐,奥田隆明,林良嗣,加藤博和: 前方連関効果を考慮した広域巨大災害の産業へ影響評価. 土木計画学研究,講演集, 45, CD-ROM(19), 2012年6月.
  5. 林良嗣,高野雅夫,黒田由彦: 都市-農村系の総合処方箋―人生の質を高めるオルタナティブな都市化―. 日本環境共生学会第15 回(2012 年度)学術大会発表論文集, 157-158, 2012年9月.
  6. Wu Chuntao, Y.Hayashi, H.Kato: Aviaiton deregulation and its impacts on outbound charter operation in Japan. 第67回年次学術講演会講演概要集, CD-ROM,部門CS4-063,pp.125-126, 2012年9月.
  7. 三室碧人,奥田隆明,林良嗣: 途上国における空間構造変化と低炭素地域間交通システムによるCO2削減効果~タイを事例として~. 土木計画学研究講演集, 46, CD-ROM(37), 2012年11月.
  8. Ichikawa, H., H. Masunaga, Y. Tsushima, and H. Kanzawa: Analysis of cloud properties associated with tropical convection in climate models and satellite data. J. Meteorol. Soc. Japan, 90(5), 629-646, 2012年10月.
  9. Camoin,G. F., Seard, C., Deschamps, P., Webster, J. M., Abbey, E., Braga, J. C., Iryu, Y., Durand, N., Bard, E., Hamelin, B., Yokoyama, Y., Thomas, A. L., Henderson, G. M. and Dussouillez, P.: Reef response to sea-level and environmental changes during the last deglaciation.. Geology, in press, 00-00, 2012年.
  10. Takayanagi, H., Asami, R., Abe, O., Kitagawa, H., Miyajima, T. and Iryu, Y.: Carbon- and oxygen-isotope compositions of a modern deep-water brachiopod Campagea japonica collected off Aguni-jima, Central Ryukyu Islands, southwestern Japan. . Geochemical Journal., 00-00, 2012年.
  11. 井龍康文・高柳栄子: 顕生代における海水の炭素・酸素同位体組成変動全解明.. 月刊地球, in press, 00-00, 2012年.
  12. 高柳栄子・バッシ ダヴィデ・井龍康文: 沖縄本島西方の島棚より採取されたサンゴモ球内にみられる現生生痕化石群集.平成23年度研究概要報告書?沖縄島西方沖海域?.. 平成23年度研究概要報告書?沖縄島西方沖海域?., 00-00, 2012年.
  13. 松田博貴・町山栄章・荒井晃作・井上卓彦・佐々木圭一・吉津 憲・三納正美・井龍康文・杉原 薫・藤田和彦・山田 努・中森 亨: 浅海性炭酸塩堆積物に基づく氷期の琉球列島北部の海洋環境?氷期にサンゴ礁はあったのか?. 月刊地球, in press, 00-00, 2012年.
  14. Yawen WANG, Yonghui YANG, Na ZHAO, Chen LIU and Qinxue WANG: The magnitude of the effect of air pollution on sunshine hours in China. Journal of Geophysical Research, 117, D00V14 1-9, 2012年.
  15. Qinxue WANG, Qingan XIAO, Chen LIU, Kelin WANG, Min YE, Alin LEI, Xianfang SONG, Kunio KOHATA: Effect of reforestation on nitrogen and phosphorus dynamics in the catchment ecosystems of subtropical China: the example of the Hanjiang River basin. Journal of the Science of Food and Agriculture, 92(5), 1119-1129, 2012年.
  16. 三室碧人,李全鵬,劉晨,高野雅夫,黒田由彦,林良嗣: 臨床都市化システム学―問題,対象,アプローチ―. 日本環境共生学会第15 回(2012 年度)学術大会発表論文集, 143-146, 2012年9月.
  17. 劉晨,林良嗣: ライフスタイルの変化と窒素循環. 日本環境共生学会第15 回(2012 年度)学術大会発表論文集, 152-156, 2012年9月.
  18. Chen LIU, Qinxue WANG, Kelin WANG, Yonghui YANG, Zhu OUYANG, Yaoming LIN, Yan LI, Alin LEI and Tetsuzo YASUNARI: Recent Trends and Problems of Nitrogen Flow in Agro-Ecosystems of China. Journal of the Science of Food and Agriculture, 92(5), 1046-1053, 2012年.
  19. 劉晨・王勤学・李全鵬・石村貞夫: 中国漢江流域における水環境に関する住民意識の調査-日本との比較検討を通して-. 環境科学会誌, 25(5), 333-346, 2012年.
  20. Shigematsu, N., Fujimoto, K., Tanaka, N., Furuya, N., Mori, H. and Wallis, S. R.: Internal Structure of the Median Tectonic Line fault zone, SW Japan, revealed by borehole analysis. Tectonophysics, 2012年.
  21. Mayumi Mitsuishi, Simon R. Wallis, Mutsuki Aoya, Jeffrey Lee, Yu Wang: E-W extension at 19 Ma in the Kung Co area, S. Tibet: Evidence for contemporaneous E-W and N-S extension in the Himalayan orogen. Earth and Planetary Science Letters, 325-326, 10-20, 2012年4月.
  22. 渡邊誠一郎,はやぶさ2プロジェクトチーム: 火の鳥「はやぶさ」未来編 その1~小惑星探査からの惑星科学~. 日本惑星科学会誌 遊・星・人, 22(1), 23-31, 2013年3月.
  23. Xue BL, Komatsu H, Kumagai T, Kotani A,Otahki K, Ohta T : Interannual variation of evapotranspiration in an eastern Siberian larch forest.. Hydrological Processes, 26, 2360-2368, 2012年.
  24. Yoshda R, Sawada M, Yamazaki T, Ohta T, Hiyama T: Influence of Land Cover Change on Regional Water Cycles in Eastern Siberia. Journal of Applied Meteorology and Climatology, 51, 2012年.
  25. Lopez L, Hatano R, Guggenberger G, Ohta T, Gerasimov E, Fedorov A: Forest fires effects on carbon stocks and soil chemistry in central Yakutia, eastern Siberia. Eurasian Journal of Forest Research, 15, 9-17, 2012年.
  26. Ichii K, Kondo M, Lee Y H, Wang S O, Kim J, Ueyama M, Lim H J, Shi H, Suzuki T, Ito A, Kwon H, Ju W, Huang M, Sasai T, Asanuma J, Han S, Hirano T, Hirata T, Kato T, Li S G, Li Y N, Maeda T, Miyata A, Matsuura Y, Murayama S, Nakai Y, Ohta T, Saitoh T M, Saigusa N, Takagi K, Tang Y H, Wang H M, Yu G R, Zhang Y P, o Zhao F H: Site-level model-data synthesis of terrestrial carbon ?uxes in the CarboEastAsia eddy-covariance observation network: toward future modeling efforts. Journal of Forest Research, 17, 2012年.
  27. Saigusa N, Li S-G, Kwon H, Takagi K,Zhang L-M, Ide R, Ueyama M, Asanuma J, Choi Y- J, Chun JH, Han S-J, Hirano T, Hirata R, Kang M, Kato T, Kim J, Li Y-N, Maeda T, Miyata A, Mizoguchi Y, Murayama S, Nakai Y, Ohta T, Saitoh TM, Wang H-M, Yu G-R, Zhang Y-P, Zhao F-H: Dataset of CarboEastAsia and uncertainties in the CO2 budget evaluation caused by different data processing. Journal of Forest Research, 17, 2012年.
  28. Suzuki T, Ohta T, Izumi Y, Kanyomeka L, Mwandemele O, Sakagami J, Yamane K, Iijima M : Role of Canopy Coverage in Water Use Efficiency of Lowland Rice in Early Growth Period in Semi-Arid Region. Plant Production Science, 16(1), 12-23, 2013年1月.
  29. 糸数 哲,小杉賢一朗,恩田裕一,藏治光一郎,田中延秋,後藤太成,太田岳史,水山高久: 通常降雨イベントにより同定されたタンクモデルを用いた豪雨イベントの再現制度. 水文・水資源学会誌, 26(2), 85 - 98, 2013年3月.
  30. Kumagai, T. and Porporato, A.: Strategies of a Bornean tropical rainforest water use as a function of rainfall regime: isohydric or anisohydric?. Plant, Cell & Environment, 35(1), 61-71, 2012年.
  31. Kumagai, T. and Porporato, A.: Drought-induced mortality of a Bornean tropical rainforest amplified by climate change.. Journal of Geophysical Research -Biogeosciences, 117(G02032), 2012年.
  32. Kumagai, T. and Kume, T.: Influences of diurnal rainfall cycle on CO2 exchange over Bornean tropical rainforests.. Ecological Modelling, 246, 91-98, 2012年.
  33. T. Nakayama, K. Sato, Y. Matsumi, T. Imamura, A. Yamasaki, and A. Uchiyama: Wavelength dependence of refractive index of secondary organic aerosols generated during the ozonolysis and photooxidation of a-pinene. SOLA, 8, 119-124, 2012年9月.
  34. T. Nakayama, K. Sato, Y. Matsumi, T. Imamura, A. Yamasaki, and A. Uchiyama: Wavelength and NOx dependent complex refractive index of SOAs generated from the photooxidation of toluene. Atmospheric Chemistry and Physics, 13, 531-545, 2013年1月.
  35. 竹中千里: 木本植物を用いたファイトレメディエーション. 林木の育種, 243, 17-20, 2012年.
  36. Sakai, Y., Ugawa, S., Ishizuka, S., Takahashi, M. and Takenaka, C. : Wood density and carbon and nitrogen concentrations in deadwood of Chamaecyparis obtusa and Cryptomeria japonica. . Soil Science and Plant Nutrition , 58, 526-537, 2012年.
  37. Tsuyoshi Yamada, Chisato Takenaka, Shuichiro Yoshinaga, Keizo Hirai: Long-term changes in the chemical properties of Japanese cedar (Cryptomeria japonica) forest soils under high precipitation in southwest Japan . Journal of Forest Research, 2012年.
  38. Umemura, M. + Aoyama, C. + Tokumoto, Y. + Abe, K., Hirota, I. and Yokoyama, S.: Vegetation and plant use differences between a secondary forest and an Eucalyptus plantation site in Bolikhamxay province, Laos. Lao Journal of Agriculture and Forestry, 27, 88-109, 2012年.
  39. 横山 智・松井圭介・兼子 純・大石貴之・宮川修一・原田真里・岡本耕平・竹中千里・ 野中健一・栗田和明・丸山浩明・茅根 創・岩田 修二: フィールドワークの安全安心と支援. E-journal GEO, 7(1), 109-115, 2012年.
  40. 横山 智: 線香粘結剤からみた日本と東南アジアの森林利用の関係性. 2012年人文地理学会大会研究発表要旨, 100-101, 2012年.
  41. Kobayashi, T., Kim, J.H., Lee, S.R., Kumamoto, A., Nakagawa, H., Oshigami, S., Oya, H., Yamaguchi, Y., Yamaji, A., and Ono, T.: Synthetic aperture radar processing of Kaguya Lunar Radar Sounder data for lunar subsurface imaging. IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing, 50(6), 2161-2174, 2012年6月.
  42. Shi, Y., Xiao, J., Shen, Y., and Yamaguchi, Y.: Quantifying the spatial differences of landscape change in the Hai River Basin, China in the 1990s. International Journal of Remote Sensing, 33(14), 4482-4501, 2012年7月.
  43. Chen, X., Yamaguchi, Y., Chen, J., and Shi, Y.: Scale effect of vegetation index based spatial sharpening for thermal imagery: a simulation study by ASTER data. IEEE Geoscience and Remote Sensing Letters, 9(4), 549-553, 2012年7月.
  44. Kato, S., Liu, C., Sun, C., Chen, P., Tsai, H., and Yamaguchi, Y.: Comparison of surface heat balance in three cities in Taiwan using Terra ASTER and Formosat-2 RSI data. International Journal of Applied Earth Observation and Geoinformation, 18, 263-273, 2012年8月.
  45. Chen, X., Chen, J., Shi, Y., and Yamaguchi, Y.: An automated approach for updating land cover maps based on integrated change detection and classification methods. ISPRS Journal of Photogrammetry and Remote Sensing, 71, 86-95, 2012年7月.
  46. Ho, L.T.K, Yamaguchi, Y., and Umitsu, M.: Rule-based landform classification by combining multi-spectral/ temporal satellite data, and the SRTM DEM. International Journal of Geoinformatics, 8(4), 27-38, 2012年12月.
  47. Bolch T, Kulkarni A, Kaab A, Huggel C, Paul F, Cogley JG, Frey H, Kargel JS, Fujita K, Scheel M, Stoffel M, Bajracharya S : The state and fate of Himalayan glaciers . Science , 336 (6079), 310-314, 2012年4月. リンク
  48. Nuimura T, Fujita K, Yamaguchi S, Sharma RR : Elevation changes of glaciers revealed by multi-temporal digital elevation models calibrated by GPS survey in the Khumbu region, Nepal Himalayas, 1992-2008 . Journal of Glaciology , 58(210), 648-656, 2012年5月. リンク
  49. Fujita K, Nishimura K, Komori J, Iwata S, Ukita J, Tadono T, Koike T : Outline of research project on glacial lake outburst floods in the Bhutan Himalayas . Global Environmental Research , 16(1), 3-12, 2012年7月.
  50. Takeuchi N, Sakai A, Kohshima S, Fujita K, Nakawo M : Variation in suspended sediment concentration of supraglacial lakes on debris-covered area of Lirung Glacier in Nepali Himalayas . Global Environmental Research , 16(1), 95-104, 2012年7月.
  51. Sakai A, Inoue M, Fujita K, Narama C, Kubota J, Nakawo M, Yao TD : Variations in discharge from the Qilian mountains, northwest China, and its effect on the agricultural communities of the Heihe basin, over the last two millennia . Water History , 4(2), 177-196, 2012年4月. リンク
  52. Fujita K, Sakai A : River runoff over 2000 years in the arid Heihe River Basin, northwestern China . PAGES news , 20(2), 76-77, 2012年12月. リンク
  53. Zhang GS, Kang SC, Fujita K, Huintjes E, Xu JQ, Yamazaki T, Haginoya S, Yang W, Scherer D, Schneider C, Yao TD: Energy and mass balance of the Zhadang Glacier surface, central Tibetan Plateau. Journal of Glaciology, 59(213), 137-148, 2013年2月.
  54. Nakazawa F, Uetake J, Suyama Y, Kaneko R, Takeuchi N, Fujita K, Motoyama H, Imura S, Kanda H: DNA analysis for section identification of individual Pinus pollen grains from Belukha glacier, Altai Mountains, Russia. Environmental Research Letters, 8(1), 014032, 2013年2月.
  55. Yamaguchi S, Fujita K: Modeling glacier behavior under different precipitation seasonalities. Arctic, Antarctic, and Alpine Research, 45(1), 143-152, 2013年2月.
  56. Son, Y. B., W. D. Gardner, M. J. Richardson, J. Ishizaka, J.-H. Ryu, S.-H. Kim and S. H. Lee: Tracing offshore low-salinity plumes in the Northeastern Gulf of Mexico during the summer season by use of multispectral remote-sensing data. Journal of Oceanography, 68(5), 743-760, 2012年10月.
  57. Yamaguchi, H., H.-C. Kim, Y. B. Son, S. W. Kim, K. Okamura, Y. Kiyomoto and J. Ishizaka: Seasonal and Summer-Interannual Variations of SeaWiFS Chlorophyll a in the Yellow Sea and East China Sea. Progress in Oceanography, (105), pp.22-pp.29, 2012年12月.
  58. Siswanto, E., J. Ishizaka, S.C. Tripathy and K. Miyamura : Detection of harmful algal blooms of Karenia mikimotoi using MODIS measurements: A case study of Seto-Inland Sea, Japan. Remote Sensing of Environment, 129(15), 185-196, 2013年2月.
  59. 清水裕之: ドイツの緑地保全における地域計画、景域計画、土地利用計画、地区詳細計画及び緑地整備計画の接続-バイエルン州、ミュンヘン地域、ミュンヘン市リーム地区を事例として-. 都市計画論文集 , 47(3), 235-240, 2012年10月.
  60. 清水裕之: ミュンヘン市の再開発地区における地区詳細計画、緑地整備計画、雨水浸透計画に基づく緑地形成と分散的雨水浸透管理の展開. 日本建築学会計画系論文集, 77(682), 2809-2818, 2012年12月.
  61. Imanishi A, Imanishi J, Matsumoto H, Morimoto Y, Natuhara Y: The propagule banks of the drained sites and remnant wetlands in the Ogura-ike area of Kyoto, Japan: Implications for restoration. . Journal of Environmental Information Science, 40, 119-128, 2012年.
  62. Sakai M, Natuhara Y, Fukushima K, Imanishi A, Imai K, Kato M: Ecological functions of persistent Japanese cedar litter in structuring stream macroinvertebrate assemblages. J. For. Res, 2012年4月.
  63. Natuhara Y.: Ecosystem services by paddy fields as substitutes of natural wetlands in Japan.. Ecological Engineering, 2012年5月.
  64. Natuhara Y: Ecosystem services by paddy fields as substitutes of natural wetlands in Japan. Ecological Engineering, 2012年.
  65. 境優・夏原由博・加藤真: 芦生研究林上谷流域における渓流の底生動物分布パターン. 森林研究, 78, 19-27, 2012年.
  66. Naito R, Yamasaki M, Imanishi A, Natuhara Y, Morimoto Y : Effects of management and surrounding land use on habitat selection by frogs in rice paddies in Japan. Zoological Science. Zoological Science, 29, 577-584, 2012年.
  67. 中村友昭,水谷法美: 渦と浸透滲出流の影響を考慮した漂砂計算手法と遡上津波による陸上構造物周辺の洗掘現象への適用に関する研究. 土木学会論文集B3(海洋開発), 68(1), 12-23, 2012年.
  68. Nakamura, T., Mizutani, N., and Wakamatsu, Y.: Study on drift behavior of container on apron due to tsunami-induced incoming and return flow. Proc., International Conference on Coastal Engineering, 1-9, 2012年.
  69. 中村友昭,青山功治,水谷法美: 遡上津波と胸壁からの反射波によるコンテナの漂流特性と海上への流出対策工の有効性に関する研究. 土木学会論文集B3(海洋開発), 68(2), I_216-I_221, 2012年10月.
  70. 中村友昭,Xingyue Ren,森本陽介,水谷法美: 津波による橋梁への作用津波力と桁移動に関する数値解析. 土木学会論文集B3(海洋開発), 68(2), I_228-I_233, 2012年10月.
  71. 中村友昭,水谷法美,芦澤 哲,平川信也: 沿岸に立地する建築物が津波による浸水量に与える影響に関する研究. 土木学会論文集B3(海洋開発), 68(2), I_60-I_65, 2012年10月.
  72. 中村友昭,根笹裕太,水谷法美: 人工浅場の地形変化特性と浅場内部の間隙水圧変動に関する実験的研究. 土木学会論文集B3(海洋開発), 68(2), I_1061-I_1066, 2012年10月.
  73. 中村友昭,石原 遼,水谷法美: 浅場表層の間隙水圧変動の影響を考慮した人工浅場の地形変化解析. 土木学会論文集B2(海岸工学), 68(2), I_1161-I_1165, 2012年11月.
  74. 中村友昭,安藤康平,山田裕貴,水谷法美,小竹康夫: 津波の越流に伴う混成堤ケーソンの挙動とその機構に関する数値解析. 土木学会論文集B2(海岸工学), 68(2), I_831-I_835, 2012年11月.
  75. 中村友昭,水谷法美: 底質表層の間隙水圧を考慮した漂砂モデルの提案と津波による局所洗掘現象への適用に関する研究. 土木学会論文集B2(海岸工学), 68(2), I_216-I_220, 2012年11月.
  76. 中村友昭,根笹裕太,水谷法美: 人工浅場の地形変化過程に与える浅場内部の間隙水圧変動の影響に関する実験的研究. 土木学会論文集B2(海岸工学), 68(2), I_541-I_545, 2012年11月.
  77. Nakamura, T. and Mizutani, N.: Three-dimensional coupled fluid-sediment interaction numerical model for suspended sediment analysis. International Journal of Offshore and Polar Engineering, 22(4), 1-9, 2012年12月.
  78. 李光浩,青木悟,水谷法美,芦澤哲,平川信也: ビルに作用する津波力とそれに及ぼす空間形状の影響に関する研究. 土木学会論文集B3(海洋開発), 68(2), p.I_234-I_239 , 2012年9月.
  79. 木村雄一郎,山川善人,川端樹生,水谷法美,平石哲也,間瀬肇: 建屋外壁に設置されたフラップゲート防水扉の段波応答特性に関する実験的研究. 土木学会論文集B3(海洋開発), 68(2), p.I_246-I_251, 2012年9月.
  80. 李佑東,水谷法美,許東秀: 密度差のある波と流れの相互作用による波の変形特性に関する研究. 土木学会論文集B3(海洋開発), 68(2), I_774-I_779, 2012年9月.
  81. 李光浩,福田直也,水谷法美: 3次元直接数値解析による透水性人工リーフ周辺のエネルギー輸送特性に関する研究. 土木学会論文集B3(海洋開発), 68(2), I_834-I_839, 2012年9月.
  82. 河合弘泰,森屋陽一,水谷法美,横田弘: 海岸保全施設の長寿命化の検討に用いる将来の潮位・波浪条件に関する考察. 土木学会論文集B3(海洋開発), 68(2), I_995-I_1000, 2012年9月.
  83. 李光浩, 青木悟, 水谷法美, 芦澤哲, 平川信也: 開口部を有する構造物への津波力に関する数値的研究. 土木学会論文集B2(海岸工学), 68(2), I_806-I_810, 2012年11月.
  84. 彭偉, 李光浩, 水谷法美: IB法による波エネルギー回収システムの数値モデル. 土木学会論文集B2(海岸工学), 68(2), I_1286-I_1290, 2012年11月.
  85. 木村雄一郎, 川端樹生, 水谷法美, 平石哲也, 間瀬肇: 直立壁から張り出す水平板と直立壁に作用する陸域遡上津波の波圧特性. 土木学会論文集B2(海岸工学), 68(2), I_791-I_795, 2012年11月.
  86. 李佑東, 水谷法美, 許東秀: 波と流れが共存する河口部周辺の波高及び流速の空間分布に関する実験的研究. 土木学会論文集B2(海岸工学), 68(2), I_431-I_435, 2012年11月.
  87. H. Naraoka, H. Mita, K. Hamase, M. Mita, H. Yabuta, K. Saito, K. Fukushima, F. Kitajima, S. A. Sandford, T. Nakamura, T. Noguchi, R. Okazaki, K. Nagao, M. Ebihara, H. Yurimoto, A. Tsuchiyama, M. Abe, K. Shirai, M. Ueno, T. Yada, Y. Ishibashi, T. Okada, A. Fujimura, T. Mukai, M. Yoshikawa, J. Kawaguchi: Preliminary organic compound analysis of microparticles returned from Asteroid 25143 Itokawa by the Hayabusa mission. Geochemical Journal, in press, 2012年.
  88. Y. Matsushita, I.C. Jang, T. Imai, R. Takama, K. Saito, T. Masumi, S.C. Lee, K. Fukushima: Distribution of extracts including 4,8-dihydroxy-5-methoxy-2-naphthaldehyde in Diospyros kaki analyzed by GC-MS and ToF-SIMS.. Holzforschung, 66(6), 705-709, 2012年.
  89. 斎藤香織、福島和彦: 飛行時間型2次イオン質量分析法による植物組織の分子レベル観察. 生物物理学会誌, 53(1), 24-27, 2013年1月.
  90. Terashima, N., Yoshida, M., Hafren, J., Fukushima, K., Westermark, U.: Proposed supramolecular structure of lignin in softwood tracheid compound middle lamella regions. Holzforshung, 66(8), 907-915, 2012年.
  91. T. Kojima, S. Tsuji, M. Niwa, K. Saito, Y. Matsushita and K. Fukushima: Distribution analysis of triglyceride having repair effect on damaged human hair by TOF-SIMS. International Journal of Polymer Analysis and characterization. International Journal of Polymer Anal. Charact., 17, 21-28, 2012年.
  92. Satoka Aoyagi, Katsushi Kuroda, Ruka Takama, Kazuhiko Fukushima, Isao Kayano, Seiichi Mochizukid and Akira Yano: Evaluation of white radish sprouts growth in!uenced by magnetic "elds using TOF-SIMS and MCR. Surf. Interface Anal., 2012年.
  93. 竹内恒夫: 検証:固定価格買い取り制度「カギは制度運用の実効性~電力取引所解説でメリット・オーダー効果を~. 月刊ビジネスエネコ 地球環境とエネルギー, 45(6), 58-61, 2012年6月.
  94. 杉山範子、渡辺聡、竹内恒夫: 地域に根差したCO2削減策がもたらす地域経済・雇用の活性化に関するケーススタディ. 環境科学会誌, vol.25(no.5), 391-396, 2012年5月.
  95. 黒田由彦,高野雅夫,林良嗣: 人口移動のパターンと社会生活の変貌―上海大都市圏周縁のK村の事例―. 日本環境共生学会第15 回(2012 年度)学術大会発表論文集, 147-151, 2012年9月.
  96. Kohei Izutsu, Masao Takano, Shota Furuya, Tetsunari Iida: Driving actors to promote sustainable energy policies and businesses in local communities: A case study in Bizen city, Japan. Renewable Energy, 39, 107-1113, 2012年.
  97. T.Murakami, T.Takamatsu, N.Katsuta, M.Takano, K.Yamamoto, Y.Takahashi: Centenial-to millenial-scale climate shifts in continental interior Asia repeated between warm-dry and cool-wet conditions dureing the last three interglacial states: evidence from uranium and biogenic silica in the sediment of Lake Baikal, southeast Siberia. Quaternary Science Reviews, 52, 49-59, 2012年.
  98. N.Katsuta, I.Shimizu, H.Helmstaedt, M.Takano, S.Kawakami, M.Kumazawa: Major element distribution in Archean banded iron formation (BIF): influence of metamorphic differentiation. Journal of Metamorphic Geology, 30(5), 457-472, 2012年.
  99. 中山潤也,加藤博和,柴原尚希,伊藤圭,竹下博之: 国レベルでの旅客交通ネットワークのライフサイクルCO2 推計:インドにおける高速鉄道と航空の比較. 第8回日本LCA学会研究発表会講演要旨集, 24-25, 2013年3月.
  100. 金岡芳美,森田紘圭,加藤博和: 生活行動スケジュール分析による世帯のCO2 排出量推計. 第8回日本LCA学会研究発表会講演要旨集, 52-53, 2013年3月.
  101. 後藤良太,森田紘圭,加藤博和,柴原尚希,林良嗣: 街区群の低炭素性能評価システムの既成市街地再構築への適用. 平成24年度土木学会中部支部研究発表会講演概要集, 297- 298, 2013年3月.
  102. 唐津佑一朗,福本雅之,森田紘圭,柴原尚希,加藤博和,林良嗣: 津波リスクを考慮した土地利用計画による被害費用低減効果の推計手法. 平成24年度土木学会中部支部研究発表会講演概要集, 319- 320, 2013年3月.
  103. 渡邉啓太,森田紘圭,高野剛志,加藤博和,林良嗣: 広域交通網分析のためのアクセシビリティ指標の開発. 平成24年度土木学会中部支部研究発表会講演概要集, 357- 358, 2013年3月.
  104. 前田翼,中村一樹,藤田将人,加藤博和,林良嗣: 交通手段の様々な特性を考慮したアクセシビリティ指標による都市交通システムの評価 -バンコクへの適用-. 平成24年度土木学会中部支部研究発表会講演概要集, 359- 360, 2013年3月.
  105. 森本涼子,伊藤圭,山本充洋,加藤博和,柴原尚希: 都市内旅客交通手段のライフサイクルCO2排出量比較. 土木学会論文集D3, 68(5), I_285-I_290, 2012年12月.
  106. 長尾征洋,青野隆仁,戸川卓哉,加藤博和,佐野充: QOL指標と維持費用に基づく撤退・集結市街地の遺伝的アルゴリズムを用いた選定方法. 土木学会論文集D3, 68(5), I_339-I_348, 2012年12月.
  107. 戸川卓哉,加藤博和,林良嗣: トリプルボトムライン指標に基づく小学校区単位の地域持続性評価. 土木学会論文集D3, 68(5), I_383-I_396, 2012年12月.
  108. 中村一樹,加藤博和,林良嗣: アジア途上国大都市における鉄道整備時期を考慮したモータリゼーション進展の将来予測. 土木学会論文集D3, 68(5), I_823-I_830, 2012年12月.
  109. 中村一樹,林良嗣,加藤博和,福田敦,中村文彦,花岡伸也: アジア開発途上国都市における低炭素交通システム実現戦略の導出. 土木学会論文集D3, 68(5), I_857- I_866, 2012年12月.
  110. 中村一樹,林良嗣,加藤博和,福田敦,中村文彦,花岡伸也: アジア開発途上国都市における低炭素交通システム実現戦略の導出. 土木学会論文集D3(土木計画学), 68(5), 857-866, 2012年12月.
  111. Vasinee WASUNTARASOOK,Kazuki NAKAMURA,Hirokazu KATO,Yoshitsugu HAYASHI: Transit Oriented Development Perspectives for Low-Carbon City in Bangkok, Thailand. 土木計画学研究,講演集, 45, CD-ROM(331), 2012年6月.
  112. 益田悠貴、加藤博和、柴原尚希、伊藤圭: 目的及び使い方に応じた旅客交通手段の環境効率指標の提案. 土木学会論文集G, 68(5), 67-76, 2012年9月.
  113. 福本雅之、加藤博和、星野雄二: 東日本大震災直後における路線バス事業者の対応に関する調査研究. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 13, 2012年6月.
  114. 岡田有祐、奥田隆明、林良嗣、加藤博和: 前方連関効果を考慮した広域巨大災害の産業への影響評価. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 19, 2012年6月.
  115. 高野剛志、戸川卓哉、三室碧人、加藤博和、林良嗣: 被災者のQOL水準に基づく小地区単位の災害影響時系列評価システム. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 27, 2012年6月.
  116. 戸川卓哉、加藤博和、林良嗣、芹沢洋史: 低炭素性能評価システムによる街区群再構築デザインの検討. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 94, 2012年6月.
  117. 水野孝泰、長尾征洋、宮田将門、加藤博和、佐野充: QOL指標の最適化による中山間集落の集約シナリオ評価. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 100, 2012年6月.
  118. 進藤魁仁、柳沢吉保、加藤博和、高山純一、大毛利亮: 屋代線廃止代替バス導入に伴うアクセシビリティの変化. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 176, 2012年6月.
  119. 加藤博和、福本雅之: 住民主導型コミュニティ交通の立ち上げに関する実証研究-徳島市応神ふれあいバスの試み. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 192, 2012年6月.
  120. 福本雅之、加藤博和: 地域公共交通への住民参画の促進方策に関する検討. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 195, 2012年6月.
  121. 伊藤圭、中村一樹、加藤博和: アジア開発途上国における地域ごとの低炭素旅客輸送機関選定手法. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 322, 2012年6月.
  122. 藤田将人、中村一樹、伊藤圭、加藤博和、林良嗣: アジア途上国大都市におけるパラトランジットを活用した低炭素端末旅客交通システム実現可能性の検討. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 323, 2012年6月.
  123. Vasinee WASUNTARASOOK, Kazuki NAKAMURA, Hirokazu KATO, Yoshitsugu HAYASHI: Transit Oriented Development Perspectives for Low-Carbon City in Bangkok, Thailand. 土木計画学研究・講演集, 45(CD-ROM), 331, 2012年6月.
  124. 加藤博和、清水裕之、河村則行、平野恭弘、田代喬、山下博美、富田啓介、冨吉満之: ORT(On-site Research Training)を通じた基礎・臨床環境学創成への展望. 日本環境共生学会2012年度学術大会発表論文集, 100-105, 2012年9月.
  125. 千葉啓広、稲永路子、高安栄、初塚大輔、加藤博和: 地方部の住宅地開発に伴う住環境整備に関する一考察 -三重県多気町をケーススタディとして-. 日本環境共生学会2012年度学術大会発表論文集, 132-141, 2012年9月.
  126. 森田紘圭、戸川卓哉、加藤博和、飯塚悟、村山顕人、林良嗣: 低炭素社会実現を支援する街区群評価・デザインシステムの提案. 日本環境共生学会2012年度学術大会発表論文集, 160-165, 2012年9月.
  127. 戸川卓哉、加藤博和、林良嗣、森田紘圭: 環境・経済・社会のトリプル・ボトムラインに基づく持続可能な都市空間構造の検討. 日本環境共生学会2012年度学術大会発表論文集, 166-172, 2012年9月.
  128. 杉浦晶子、加藤博和、田中正美、大平章示: 複数企業の自主的な連携による環境保護意識啓発活動 - 四日市市霞コンビナートの事例-. 日本環境共生学会2012年度学術大会発表論文集, 312-319, 2012年9月.
  129. 戸川卓哉、森田紘圭、後藤良太、加藤博和、林良嗣: 低炭素性能評価システムを用いた街区群再編プロセスの検討. 土木学会地球環境シンポジウム講演集, 20, 143-148, 2012年9月.
  130. 菅林恵太,曽根真理,加藤博和: 7工事を対象とした設計段階における社会資本LCI計算の不確実性評価の試み. 第40回環境システム研究論文発表会講演集, 225-232, 2012年10月.
  131. 杉本賢二,谷川寛樹,森田紘圭,加藤博和: 4d-GISによる都心街区群における建築物ストック量の時系列分析―名古屋市中区錦二丁目を対象として―. 土木計画学研究講演集, 46(CD-ROM), 7, 2012年11月.
  132. 森田紘圭,戸川卓哉,加藤博和,村山顕人,飯塚悟,林良嗣: 低炭素まちづくりを支援する街区群評価・デザインシステムの提案. 土木計画学研究講演集, 46(CD-ROM), 24, 2012年11月.
  133. 山本充洋,中村一樹,藤田将人,加藤博和,林良嗣: アジア途上国大都市における長期的将来の低炭素都市・交通システム構成要素の検討. 土木計画学研究講演集, 46(CD-ROM), 38, 2012年11月.
  134. 進藤魁仁,柳沢吉保,加藤博和,高山純一,中村優一,増尾昭彦,坂爪武,大毛利亮: 屋代線廃止代替バス導入の評価分析. 土木計画学研究講演集, 46(CD-ROM), 117, 2012年11月.
  135. 加藤博和,岩村龍一,山本智基: 民間事業者による新たな乗合交通サービスへの挑戦―多治見市市之倉町での取り組み―. 土木計画学研究講演集, 46(CD-ROM), 122, 2012年11月.
  136. 宮田将門,加藤博和,川瀬康博,林良嗣: 中山間集落の社会的必要性を評価する指標の提案. 土木計画学研究講演集, 46(CD-ROM), 153, 2012年11月.
  137. 中嶋伸恵,山本智基,加藤博和: 地域住民の検討過程にみる地域公共交通の導入実証実験のあり方に関する一考察―多治見市根本おでかけバスを事例として―. 土木計画学研究講演集, 46(CD-ROM), 237, 2012年11月.
  138. 眞野新吾,加藤博和,柴原尚希,工藤希,伊藤圭,森本涼子: ミクロ交通流シミュレーションを組み込んだ交通施設整備のライフサイクルCO2 変化の推計. 第8回日本LCA学会研究発表会講演要旨集, 18-19, 2013年3月.
  139. I. Maruyama, M. Suzuki, R. Sato: Stress distribution and crack formation in full-scaled ultra-high strength concrete columns. Materials and Strcutures, 2012年5月.
  140. I. Maruyama, A. Teramoto: Effect of water-retaining lightweight aggregate on the reduction of thermal expansion coefficient in mortar subject to temperature histories. Cement and Concrete Composite, (34), 1124-1129, 2012年8月.
  141. 三谷裕二,石井祐輔,谷村充,丸山一平: 膨張コンクリートによるひび割れ低減効果の定量評価. コンクリート工学年次論文集, 34(1), 430-435, 2012年7月.
  142. 篠野宏,堀口直也,丸山一平: コンクリートの乾燥により生ずるひずみ分布と微細ひび割れ性状の評価. コンクリート工学年次論文集, 34(1), 454-459, 2012年7月.
  143. 五十嵐豪,杉江和,丸山一平: 水和反応過程におけるセメント硬化体の熱伝導率と相組成の関係. コンクリート工学年次論文集, 34(1), 539-543, 2012年7月.
  144. 寺本篤史,丸山一平: 超高強度コンクリートの付着応力-すべり関係に及ぼす収縮量の影響. コンクリート工学年次論文集, 34(1), 574-579, 2012年7月.
  145. 西岡由紀子,五十嵐豪,丸山一平: 早期脱型を行ったコンクリートにおける中性化進行予測. コンクリート工学年次論文集, 34(1), 658-663, 2012年7月.
  146. 佐藤良一,下村匠,氏家勲,丸山一平,半井健一郎,小室努,石田哲也: 耐久性力学に基づく収縮影響評価研究委員会. コンクリート工学年次論文集, 34(1), 43-51, 2012年7月.
  147. 五十嵐豪,寺本篤史,丸山一平: 各種ポルトランドセメントおよび高炉スラグ微粉末を用いたセメント硬化体の結合水と水蒸気BET比表面積の関係. 日本建築学会構造系論文集, (682), 1819-1828, 2012年12月.
  148. 寺本篤史,丸山一平: 人工軽量骨材による高炉セメントモルタルの線膨張係数制御. 日本建築学会構造系論文集, (677), 1007-1014, 2012年7月.
  149. I. Maruyama, A. Teramoto, G. Igarashi: Strain and thermal expansion coefficients of various cement pastes during hydration at early ages. Materials and Structures, 2013年3月.
  150. 丸山一平, 西岡由紀子,杉江和, 五十嵐豪: セメントペーストの乾燥条件下における水蒸気吸着性状の変化. 材料, 62(3), 219-223, 2013年3月.
  151. M. Nakano, S. Managi: Waste generations and efficiency measures in Japan. Environmental Economics and Policy Studies, 14, 327-339, 2012年.
  152. Kajikawa, Y., T. Yasunari, S. Yoshida, and H. Fujinami: Advanced Asian summer monsoon onset in recent decades. Geophys. Res. Lett., 39, 2012年.
  153. Seki, O., N. Harada, M. Sato, A. Ijiri and T. Nakatsuka: Assessment for paleoclimatic utility of terrestrial biomarker record in the Okhotsk Sea sediments. Deep Sea Research II, 61?64, 85?92, 2012年.
  154. Harada, N., M. Sato, O. Seki, A. Timmermann, H. Moossen, J. Bendle, Y. Nakamura, K. Kimoto, Y. Okazaki, K. Nagashima, S. A. Gorbarenko, A. Ijiri, T. Nakatsuka, L. Menviel, M. O. Chikamoto, A. Abe-Ouchi, S. Schouten: Sea surface temperature changes in the Okhotsk Sea and adjacent North Pacific during the last glacial maximum and deglaciation. Deep-Sea Research II, 61-64, 93?105, 2012年.
  155. Sano, M., C. Xu and T. Nakatsuka: A 300-year Vietnam hydroclimate and ENSO variability record reconstructed from tree-ring d18O. Journal of Geophysical Research, 117, 2012年.
  156. Cook, E. R., P. J. Krusic, K. J. Anchukaitis, B. M. Buckley, T. Nakatsuka, M. Sano and PAGES Asia2k Members: Tree-ring reconstructed summer temperature anomalies for temperate East Asia since 800 C.E. Climate Dynamics, 39, 2012年.
Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.