名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

国際会議

グローバルCOEプログラム国際シンポジウム
アジアにおける複合的環境問題をどう解くか
- 地球学から基礎・臨床環境学への展開 -

スケジュール

2010年3月15日(月)-16日(火)
野依記念学術交流館 (キャンパスマップ内68番

問い合わせ

GCOE事務局
gcoe-env (at) eps.nagoya-u.ac.jp

Preface

Our Global Center of Excellence (GCOE) Program (FY2009-2013) "From Earth System Science to Basic and Clinical Environmental Studies" has started since October of 2009. It is the successor to our previous 21st Century COE Program, "Dynamics of the Sun-Earth-Life Interactive System (SELIS-COE)" (FY2003–2007) which successfully ended in March of 2008.

The SELIS-COE program allowed us to develop a new approach to earth science. Based on this, the new GCOE will attempt to bring together disciplines traditionally seen as mutually exclusive to create an innovative approach to environmental studies; those, such as science, that we consider to be ‘diagnostic' and those, such as engineering, agricultural studies,and social sciences that we consider to be ‘treatment-based'. The core pillars of the GCOE will be Clinical Environmental Studies, which concerns itself with the diagnosis of regional environmental problems, and Basic Environmental Studies, which treats a range of common problems and universal issues that affect the entire global community – transcending discrete regions – through multidisciplinary collaboration between the humanities and the sciences.

We do believe these approaches are particularly crucial and essential for understanding and solving complex environmental issues or “syndromes” (e.g., threat to sustainable ecosystem and diverse bioregions under the global warming and rapid economic development) in Asia, where more than 60% of the people on the earth live.
This international symposium will focus on how we can develop the clinical and basic environmental studies in Asia to diagnose and treat these syndromes.

15 March, 2010

Tetsuzo Yasunari. Professor
Scientific Leader of the Global COE Program “From Earth System Science to Basic and Clinical Environmental Studies”
Nagoya University

詳細

司会: 神沢 博(名古屋大学 GCOE事務局長)

3月15日
0930-0945 あいさつ

濱口道成(名古屋大学総長)

0945-1015 開会の辞

安成哲三(名古屋大学 GCOE拠点リーダー)

1015-1055 基調講演A

エルンスト・フォン・ワイツゼッカー (持続的資源管理のための国際パネル共同議長・ローマクラブ会員)
「環境学ではどのように科学と政策を結びつけるか?」

1055-1135 基調講演B

武内和彦(国際連合大学副学長)
「人と自然の関係の再構築-SATOYAMAイニシアティブ」

1135-1300 昼食休憩

1300-1500 地域セッション:東南アジア -人間活動と持続的な森林管理-

司会: 竹中千里(名古屋大学)
カノック・ラーカセム(チェンマイ大学 タイ)
ファビオ・ミノル・ヤマジ(サンカルロス連邦大学 ブラジル)
山本裕之(名古屋大学)

1500-1545 休憩

1545-1745 地域セッション:伊勢湾流域圏 -様々な分野から見た豪雨問題-

司会:石坂丞二(名古屋大学)
清水裕之(名古屋大学)
甲斐憲次(名古屋大学)
山田容三(名古屋大学)
村山顕人(名古屋大学)
川崎浩司(名古屋大学)
高野雅夫(名古屋大学)

1830-2030 レセプション

3月16日
1000-1040 基調講演C

ハンス=ペーター・デュール(マックス=プランク物理学研究所名誉理事長・ローマクラブ会員)
「物質と生命の驚異 -その「現実」をいかに理解するのか-」

1040-1120 基調講演D

真鍋淑郎(プリンストン大学・名古屋大学特別招聘教授)
「地球温暖化は水循環をどう変えるか」

1120-1300 昼食休憩

1300-1530 地域セッション:北東・東アジア -気候変動と流域管理-

司会:服部重昭(名古屋大学 生命農学研究科長)
劉紀遠(中国科学院地理学・資源研究所) エディ・ムーアズ(ワッハニンゲン大学 オランダ)
潘海?(同済大学 中国) 井村秀文(名古屋大学)

1530-1600 休憩

1600-1700 総合討論

司会:林良嗣(名古屋大学 GCOE拠点サブリーダー)

1700-1715 閉会の辞

山口靖(名古屋大学 環境学研究科長)

Poster

poster

 
ポスター(日本語版)

写真

写真ページへ

Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.