名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

セミナー

SELIS・GCOE合同セミナー
「樹木年輪による南・東南アジアの気候復元研究の現状と課題」

スケジュール

2010年3月5日(金)16:30-
地球水循環研究センター・3階大講義室 (301号室)

講演者

佐野 雅規(環境学研究科・COE研究員)

問い合わせ

檜山哲哉(地球水循環研究センター/SELIS)
hiyama@hyarc.nagoya-u.ac.jp

詳細

機器観測以前の気候変動を明らかにするためのプロキシデータは種々あるが、そのなかで樹木を用いる利点として、陸域の広範に森林が分布していること、試料の採取と測定が容易であること、年・季節単位の高い時間分解能があることなどが挙げられる。これまでの樹木年輪による気候復元は、北米やヨーロッパを中心とした中・高緯度帯で行われてきたが、地球温暖化問題への対応で、気候変動の地域特性や地球全体の平均的な変動傾向を詳らかにするため、古気候復元を熱帯・亜熱帯域へ拡大することが年輪研究の主要な課題となっている。本セミナーでは、これまで私が取り組んできたヒマラヤやインドシナ半島部での気候復元研究を紹介するほか、徐々に進展しつつある南・東南アジアでの年輪年代学をレビューする。また、他のプロキシデータとの比較によりみえてきた過去数百年のモンスーンの変遷やその変動要因について考察する。その他、これまでの樹木年輪研究で専らとされてきた年輪幅の計測による気候復元の限界と、その代替として有望な酸素同位体比についても解説する。

Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.