名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

セミナー

英語トレーニングセミナー2

スケジュール

2013年10月26日(土)9:00-17:00
2013年11月30日(土)9:00-17:00
環境総合館3階 講義室1

講演者

野口ジュディー

問い合わせ

GCOE教育推進室

詳細

2013年後期英語トレーニングセミナーの予定表

10月26日(土)

日時 指導内容 研修内容
9:00-12:00  (休憩を挟む) 自己紹介 氏名、所属、研究分野、その他聴衆に覚えてもらうために役立つようなご自身の情報などを盛り込んで自己紹介します。*ネットワーキングには重要です。
ESP理論を紹介し研究分野のテキストを準備する  

コーパス研究の説明
自分の研究に関するミニコーパスを構築します。

●英文論文発表を希望される方
発表論文に関連するコーパスを作成します。(reviewや違う分野のものは除外します)
教室は無線LANでアクセス可能な環境ですので、PCを持参し学内のシステムにアクセス可能な状態にしてください。

セミナーで使用するファイル名は下記のフォーマットでつけます。
●英文論文発表をご希望の方 JournalKeyword(one or two)NAME.doc or docx 
例:  NatureDNADirtNoguchiJudy.docx
 
■口頭発表を希望される方
研究分野に関連するコーパスを作成します。可能であればインターネット上の"Science Podcast"からコーパスを作成し、発表したい内容に関連する言語を調べます。
■口頭発表をご希望の方
Keyword(one to three)NAME.ppt(windows2007で開けるバージョンのPPTファイルでお願いします)
例:  DNADirtDiversityNoguchiJudy.ppt
12:00-13:00 昼休憩  
13:00-17:00(2回程度の休憩をはさむ) コーパステキストの簡単なジャンル分析 タイトルの検討
アブストラクトもしくは論文のIntroduction部分を検証します。
コーパスを見つけます。
ウエブサイトの音声による情報
(ご持参いただいたイヤーホーンでPCまたはmp3プレーヤーからビデオやオーディオを聞ききます)
プレゼンテーションのために音声情報つきのサイトを使い演習します。
プロソディ(韻律、発音・抑揚・イントネーションなど)をマークします。
毎日少しづつ聞くようにしてください。
次回(11月30日)までの課題 専門分野の論文/プレゼン原稿の参考になるようなコーパス10本以上を準備する。 できるだけコーパスを研究し、次回のクラスで発表するための準備をします。
テキストの各部分をジャンル分析し、次回のクラスで発表するための準備をします。
次回のクラスのために"the Useful Sites"よりファイルを選びます。 原稿をダウンロードし、発表用に1,2分相当の部分を選びます。
注意深く聞き、プロソディをマークします。
次回のクラスでスムースなプレゼンテーションができるように訓練してください。
次回のクラスで発表する内容の第1稿を準備します。
●英文論文発表をご希望の方
論文要綱に沿ってタイトルページとIntroductionセクションをつけて論文の第1稿を準備ください。

■口頭発表をご希望の方
タイトルページからイントロダクション(バックグラウンド)セクションまで口頭発表用の第1稿をご準備ください。 さらにこのスライドの原稿(読み原稿)も準備してください。

11月30日(土)

日時 指導内容 研修内容
9:00-12:00  (休憩を挟む) 発表用原稿のチェック
発表の練習
(受講生全員対象。リスニングとスピーキング演習はライティングにも役立ちます)
マークしたProsody(プロソディ―)をチェックします。
口頭練習の訓練をします。
12:00?13:00 昼休憩  
13:00-17:00   (2回程度の休憩挟む) コーパスとジャンル分析の発表
論文またはPPTとスクリプトのチェック
論文発表(読み上げ)
もしくは口頭発表の実演
他の受講生の論文発表/口頭発表を聞き、評価し、自分のプレゼンテーションのスタンダードコンセプトを築き上げる。
他の発表内容を編集しながら習得する。
他の発表を評価し、気づいたことや学んだことをを論じ合う。
Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.