名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

国内会議

【主催】環境・文化芸術まちづくりへの処方箋
~低炭素・アート・豊かなくらし~

スケジュール

2013年9月22日(日)14:00-19:00
愛知芸術文化センター12 階 アートスペースA

問い合わせ

9/22 名大GCOE シンポ事務局:名古屋大学大学院環境学研究科都市環境学専攻 吉田
電話:052-789-3431 E-mail:
※参加申込:氏名、所属、メールアドレスを明記してお申し込みください.タイトルは、「9/22 シンポ申し込み」としてください.

詳細

主催:名古屋大学グローバルCOEプログラム 「地球学から基礎・臨床環境学への展開」
協力: あいちトリエンナーレ実行委員会、環境省環境研究総合推進費1E-1105 「低炭素社会を実現する街区群の設計と社会実装プロセス」
後援: 名古屋大学大学院環境学研究科・日本環境共生学会

公開シンポジウム

司会進行:中村秀規

14:10 – 15:40 第1部 基調講演<環境・文化芸術とまちづくり> (各30 分)

都市化の診断と治療 -経済の時代から環境・文化芸術へ-

林良嗣(名古屋大学教授、グローバルCOEプログラム拠点リーダー、同交通・都市国際研究センター長)
環境と文化芸術性は、まちづくりの中心に据えられるべき中核的な要素である.
まちは従来、環境や文化芸術性を研究する人と、まちを計画し、設計する人が別々に分かれて仕事をしてきた. しかしながら、ヒートアイランドに喘ぐまちは、その原因となる都市気候を理解した上で、将来の都市計画や街区計画がなされるべきである. また、設計されるべき街並みは、その場所で培われてきた文化・芸術性をよく分析し、配慮したうえでなされるべきである. 問題の診断から処方箋や治療まで、一貫した情報を貫いてはじめて、良好な環境と文化・芸術性にあふれたまちが創られ、そして維持される. 

 国際芸術祭とまちづくり

五十嵐太郎(あいちトリエンナーレ2013 芸術監督、建築史家、東北大学教授)
主な著書に「終わりの建築/ 始まりの建築」(INAX 出版)等、多数

未来のまちの作り方

宇野求(建築家、東京理科大学教授)
2003年世界ガス会議「環境調和型都市デザイン国際コンペティション」で審査員特別賞を受賞
2011年国際建築家協会東京大会で2050年の東京ビジョン「madaraTokyo」を提案

15:50 – 17:10 第2 部 取組事例報告<街並みから考える未来の暮らし>(各20 分)

縮小社会のまちづくり

藤村龍至(あいちトリエンナーレ出品作家、建築家、東洋大学講師)
鶴ヶ島プロジェクト2012 等にて、公共建築から地域社会の将来像を提案

コミュニティ・文化を支える空間づくりの処方箋 

村山顕人(名古屋大学准教授)
錦二丁目長者町のまちづくりや自治体の各種計画策定に従事.専門は都市計画・まちづくり

はじめませんか?低炭素診断から考える魅力的なまちづくり

加藤博和(名古屋大学准教授)
都市交通システムを専門とし、低炭素都市実現に取り組む.現在、国土交通省交通政策審議会委員

環境配慮型診断とスマートコミュニティ

吉田友紀子(名古屋大学助教)
民生部門地球温暖化対策や自然通風利用による省エネ手法を提案

17:20-18:50 総合討論会

司会:吉田友紀子
登壇者:五十嵐太郎,宇野求,加藤博和,黒田由彦(名古屋大学教授),夏原由博(名古屋大学教授),林良嗣,藤村龍至,村山顕人(五十音順,敬称略)

18:50-18:55 環境学研究科長挨拶 久野覚

ポスター

Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.