名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

国内会議

【共催】環境省中部地方環境事務所「サスプログラム」成果報告会
~サステナブルな因子を持つ事業を支援することで持続可能な地域づくりに参加しよう~

スケジュール

2013年3月26日(火)14:00~17:00
環境総合館3階 講義室

問い合わせ

株式会社 ピー・エス・サポート
名古屋市千種区猫洞通5-21-2ライフピア本山3階
電話052-781-5770 FAX 052-781-9775 
担当 村田・山下
E-mail:  

詳細

主催: 環境省 中部地方環境事務所
共催: 名古屋大学グローバルCOE「地球学から基礎・臨床環境学への展開」

持続可能な社会 を実現するためには、地域の自然エネルギーや未利用資源の活用・保全を通じて地域社会を活性化し、地域の社会変革をもたらす事業型の環境NPOや社会的企業=「サステナブ ル・ビジネス」の活躍が望まれます。
これらのサステ ナブル・ビジネス事業者を地域で支援していくプロセスを「サスプログラム」と名付け、支援専門家、地域の金融機関、企業、大学、中間支援組織など多彩なセクターによる支援ネットワークを形成しつつあります。
この度は、その成果を報告すると同時に、今後に向けて相互支援の土壌を東海地域につくるための交流の場を設定したいと考えています。ぜひ、この機会にご参加いただき、持続可能な地域づくりに向けて一緒に活動していきましょう。

ご参加いただきたい方々:

  • 企業人、行政職員でスキルを活かした地域貢献活動をしたい方(プロボノ)
  • 事業支援を 職業としたい方
  • ビジネスセ クターで活躍している専門家の方
  • NPO職員  
  • 大学教員、学生 など

構成メンバー:

「サスプログラム」のアドバイザリー委員(敬称略)

  • 名古屋大学大学院環境学研究科 准教授 高野雅夫(座長)
  • コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事 木村真樹
  • 特定非営利活動法人起業支援ネット 代表理事 久野美奈子
  • ブラザー工業株式会社 コーポレート コミュニケーション部 部長 加藤和利
  • 瀬戸信用金庫 営業推進部 資産・経営相談グループ次長 酒向清治
  • 株式会社ウェイストボックス 代表取締役 鈴木修一郎
  • 中部環境パートナーシップオフィス チーフプロデューサー 新海洋子

お申込み方法

参加費:無料
定員:50名
先着順で受付しますので、お早めにお申込み下さい。

運営/お問い合わせ先
株式会社 ピー・エス・サポート
名古屋市千種区猫洞通5?21?2ライフピア本山3階
電話052?781?5770 FAX 052-781-9775 
担当 村田・山下

◎特典1
講座終了後、希望者は平成25年度発足予定の
「サスプログラム支援者ネット」に登録し、支援業務に 携わっていただくためのデータベースとします。
◎特典2
参加者には もれなく、最新刊の小冊子「サスプログラム」(環境省発行)を進呈。

メール又はFAXにてお申込ください。
メールの際は以下のフォームに記載した後、
下記メールアドレスまで送信下さいますようお願いします。

・・・・・・・ 「参加申込みフォーム」・・・・・・・・・
『サスプログラム』成果報告会
 ・お名前:
 ・ご所属:
 ・ご住所:〒
 ・お電話:
 ・E-mail:
 ・参加動機、当日知りたい事などご自由にご記入下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<申込みメールアドレス>
E-mail:
Fax:052-781-5779
もしくは

Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.