名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

セミナー

持続性学連携セミナー

スケジュール

2009年10月6日(火)3限 
環境総合館3階演習室3

問い合わせ

高野雅夫(環境学研究科・地球環境科学専攻)
masao (at) nagoya-u.jp

詳細

■対象: 環境学研究科博士後期課程
■科目: 研究科共通科目(博士(環境学)取得のために必要な科目)
■担当: 高野雅夫(地球環境科学)、村山顕人(都市環境)、竹内恒夫・杉山範子(社会環境)
■ねらい: 持続可能な地域づくりの現場に入り、さまざまな専門分野の学生・教員が連携して地域の課題の把握を行い、対応策の提案にチャレンジすることで、現場に役立つ環境学研究ができる人を育てる。GCOE「地球学から基礎・臨床環境学への展開」伊勢湾流域圏プロジェクトの臨床環境学研修の試行としても行う。

■授業内容と日程について
【オリエンテーション】 10月6日(火)3限 (環境総合館3階演習室3)
持続性学連携セミナー全体のオリエンテーション。3つの分野について説明(各20分)。
【全体のまとめ】 2月16日(火)3限 (環境総合館3階演習室3)
持続性学連携セミナー全体の統括を行う。

■農山村の持続可能性診断と地域再生
岐阜県、愛知県、長野県などの農山村をフィールドに、農林水産業の衰退、過疎化に悩む地域において、持続可能な地域づくりの実践について調査し、有効な地域再生策を提案する。都市と農村との関係の再構築や若い世代の定住の方策など。
 

内容 月日 場所
1 【オリエンテーション(全体)】・座学
持続性セミナー全体のオリエンテーション。
授業の目的、全体の流れの説明。背景について講義。
10月6日(火)
3限
環境総合館3階
演習室3
2 現地見学・その1
過疎化地域である足助を見学。過疎スパイラルに陥っている現状を理解する。
10月30日(金)
全日(日帰り)
足助(豊田市)
※名古屋大学発(予定)
3 現地見学・その2
過疎になっていない地域の事例として加子母を見学する。
11月13日(金)
全日(日帰り予定)
加子母(中津川市)
※名古屋大学発(予定)
4 座学、または、課題の整理・提案の作成。 11月24日(火)
3限
環境総合館3階
演習室3
5 ワークショップ
現地(足助)へ行き、提案を発表する。
12月1日(火)
全日(日帰り)
足助(豊田市)
※名古屋大学発(予定)


■大都市インナーシティの再生
「長者町」の名で知られる繊維問屋街から新しい複合市街地への転換が進む名古屋市中区錦二丁目において、地元協議会、NPO法人、行政との協働による「大都市インナーシティの再生」に関するワークショップに参加し、地区の課題の特定や地区の持続的再生に向けたアイディアの提案を行う。
 

内容 月日 場所
1 レクチャー・座学
授業の目的、全体の流れの説明。
背景について講義。
10月13日(火)
3限
環境総合館3階
演習室3
2 現地見学・ワークショップ
現地を見学(90分)。
その後、ワークショップで現状と課題を整理する(60分)。
10月20日(火)
午後
錦二丁目(長者町)
※現地集合
3 「まちのしゃべり場」参加
地域の討論の場に実際に参加。プレゼンをする。
11月4日(水)
18:00?20:00
錦二丁目(長者町)
※会場は未定
4 課題の整理・提案の作成。 11月10日(火)
3限
環境総合館3階
演習室3
5 ワークショップ
「ゑびす祭」、「錦二丁目再生計画まちのデザイン展」などで、提案を発表する。
11月15日(日)
※ゑびす祭は14日?15日
錦二丁目(長者町)


■リユース・ステーションの実証及び提案
名古屋市内において「中部リサイクル市民の会」が環境政策論講座と協力して実施するリユース・ステーション実証試験に参加し、ステーションへの持込・引取に関する消費者の行動等を調査する。調査結果を分析し、本格的なリユースシステムを提案する。
 

内容 月日 場所
1 オリエンテーション・座学
授業の目的、全体の流れの説明。背景について講義(なぜ名古屋?なぜリサイクルではなくリユースなのか?など)。受講者に課題を与え、各自、調べてもらう。
12月22日(火)
3限
環境総合館3階
演習室3
2 ゼミ形式で発表。各自、与えられた課題について調べてきたことをゼミ形式で発表する。 1月12日(火)
3限
環境総合館3階
演習室3
3 リサイクルの現場で問題認識する。リサイクルの中間処理業者の現場で現状の問題を認識する。 1月19日(火)
半日 or 全日
リサイクルの現場
?中西
?新日鐵(廃プラ)
4 リユース・ステーションの現場に入る。各自、事前に自宅の不用品を確認、一部をステーションに持参すること。実際に現場に入ってみて「診断」、運営をするために何が課題かを把握する。 1月30日(土)
半日 or 全日
※ステーションは
10:00?14:00
リユース・ステーション
5 ワークショップ
リサイクラー、市民の方々と共にワークショップを開催。各自の「提案」を発表。全体のまとめ。
2月13日(土)
午後を予定
※中リと調整。
※2月2日はなし。
未定
Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.