名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

国際会議

【共催】German-Japan Bio Web City/Region Symposium
New Trend of Landscape Design 2:
Enhancing Ecological Services and Biodiversity in Urban, Suburban and Rural Areas
日独シンポジウム:ランドスケープデザインの新潮流2:都市・田園における生態系サービスと生物多様性を高める

スケジュール

2013年1月7日(月)9:30-18:00
環境総合館1階 レクチャーホール

問い合わせ

村山顕人(環境学研究科都市環境学専攻・准教授)

〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町D2-1(510) 環境総合館523号室
Tel: 052-789-3750

詳細

言語:英語(通訳はありません)
その他:参加無料・申込不要

Co-sponsored by
Nagoya University Global COE Program “From Earth System Science to Basic and Clinical Environmental Studies (BCES)”,
Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University and the City Planning Institute of Japan Chubu Branch
名古屋大学グローバルCOE プログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」・名古屋大学大学院環境学研究科・日本都市計画学会中部支部 共催

私たちの多くが生活する都市そして田園では、生態系サービスや生物多様性が失われています。これは長期的には人々の生活の質の低下につながります。本シンポジウムでは、都市・田園の生態系の重要性とそれを保全・創出する環境アセスメント、ミティゲーション等の手法、都市・田園の生態系に関わる意識や計画・デザインについて、ドイツ及び日本の研究者が講演・討論します。

プログラム

Morning Session Chaired by Hiroyuki Shimizu (Professor, Nagoya University)

9:30-9:40 Greetings

- Tetsuzo Yasunari (Leader of Nagoya University Global COE Program BCES)
- TBA (Representative from CPIJ Chubu Branch)

9:40-10:00 Concept of the Symposium

- Hiroyuki Shimizu (Professor, Nagoya University)

10:00-11:00 Keynote Speech 1 “Biodiversity Offsets and German Impact Mitigation Regulation”

- Marianne Darbi and Wolfgang Wende (Professor, Leibniz Institute of Ecological Urban and Regional Development)

11:00-12:00 Keynote Speech 2 “Quantitative and Subjective Assessments of Ecosystem Services in Nagoya City and Related Rural Area”

- Makoto Ooba (Assistant Professor, Nagoya University) and Kiichiro Hayashi (Professor, Nagoya University)

12:00-12:30 Keynote Speech 3 “Mitigation for Balancing Economic and Ecological Infrastructures: Case in Acceptance of New Munich Airport by the Community”

- Yoshitsugu Hayashi (Professor, Nagoya University)

12:30-13:30 Lunch Break

Afternoon Session Chaired by Akito Murayama (Associate Professor, Nagoya University)

13:30-14:00 Report 1 “Integrating Planning and Assessment Methodologies”

- Akito Murayama (Associate Professor, Nagoya University)

14:00-14:30 Report 2 “Urban Biodiversity in Japan”

-Yoshihiro Natsuhara (Professor, Nagoya University)

14:30-15:00 Report 3 “Residents Perception for Farmland Conservation and Landscape”

- Noriyuki Kawamura (Professor, Nagoya University), Mitsuyuki Tomiyoshi and Kazu Hagihara

15:00-15:15 Coffee Break

15:15-15:45 Report 4 “How can We Mitigate Heat Island: Which level should it be?”

- Yukiko Yoshida (Assistant Professor, Nagoya University)

15:45-16:15 Report 5 “Green Infrastructure Planning for Climate Change Adaptation”

- Sadahisa Kato (Research Associate, Ibaraki University)

16:15-16:45 Report 6 “Water Sensitive Urban Design - Now and Beyond”

- Takanori Fukuoka (Associate Professor, Kobe University)

16:45-17:00 Coffee Break

17:00-18:30 Discussion with Keynote Speakers and Reporters

※各発表題目は変更になる可能性があります。

ポスター

報告

日独シンポジウム「ランドスケープデザインの新潮流2」を開催

GCOE プログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」・大学院環境学研究科・日本都市計画学会中部支部は、1月7日(月)、環境総合館レクチャーホールにて、日独シンポジウム「ランドスケープデザインの新潮流2:都市・田園における生態系サービスと生物多様性を高める」を開催しました。
私たちの多くが生活する都市そして田園では、生態系サービスや生物多様性が失われています。これは長期的には人々の生活の質の低下につながります。本シンポジウムでは、都市・田園における生態系の重要性とそれを保全・創出する環境アセスメント、ミティゲーション等の手法、生態系に関わる意識や計画・デザインについて、日独の研究者が議論しました。
午前は、Wolfgang Wende, Leibniz Institute of Ecological Urban and Regional Development教授、大場真エコトピア科学研究所特任助教、林良嗣交通・都市国際研究センター長による基調講演、午後は、村山顕人環境学研究科准教授、夏原由博同教授、河村則行同准教授、吉田友紀子同助教、加藤禎久茨城大学地球変動適応科学研究機関共同研究員、福岡孝則神戸大学大学院工学研究科特命准教授による報告、そして、パネルディスカッションが行われました。
ランドスケープマネジメント、ランドスケープデザイン、都市計画、緑地計画、農村コミュニティ、生物多様性、生態系サービス、環境アセスメント、環境シミュレーション等の多様な分野の専門家が新しいランドスケープデザインのあり方について議論し、共通の方向性を確認するとともに、アイディアやデータ、分析結果等を統合的に活用・実現していくことの課題を共有しました。約45名の方々にご参加頂き、活発な議論が展開されました。

写真1 Wende教授の基調講演 写真2 パネルディスカッションの様子

 


 

Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.