名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

セミナー

平成25年度 臨床環境学研修 1-C・2-C
東南・南アジア(ラオス)ORT

スケジュール

第1回
2013年5月13日(月)13:00~15:00
環境総合館3階 講義室1
未定
第2回
2013年5月27日(月)13:00~15:00
環境総合館3階 講義室1
未定
第3回
2013年6月10日(月)13:00~15:00
環境総合館1階 第一会議室
ORT事前セミナー
2013年6月23日(日)~30日(日)
ラオス・ナムバーク郡カチェット村
ORT学外実習
第4回
2013年7月29日(月)13:00?15:00
環境総合館1階 第1会議室
未定
第5回
2013年12月11日(水)13:30~16:15
環境総合館3階 演習室2
事後セミナー
第6回
2014年1月15日(水)13:00~15:00
環境総合館3階 講義室2
最終発表会

詳細

担当教員

竹中千里(生物圏資源学専攻・教授)、岡本耕平(社会環境学専攻・教授)、横山智(社会環境学専攻・教授)、広田勲(COE研究員)、王智弘(COE研究員)

受け入れ可能な学生数

10名程度

テーマ

ラオスにおける生業・生活変化と環境問題

対象フィールド

ラオス北部山地:ルアンパバーン県ナムバーク郡カチェット村(2011年度ORT実施村落)

目的

ラオス北部山地では、焼畑耕作や森林資源採集などの伝統的な生業形態がいまでも残っている。その一方で、新しい農業以外の活動も導入され、いままさに変化を迎えようとしている最中である。参加者は、自給的な経済活動と現金収入源として行っている経済活動の両方を評価し、生業・生活変化が現地の自然環境にどのような影響を及ぼしているのかを考察する。

実施内容

期間: 2013年6月23日~30日(予定)
内容:学生の興味関心を事前にすり合わせ、調査内容を決める

スケジュール

4月第3週:事前セミナー1回目(オリエンテーション)
5月第2週:事前セミナー2回目(受講者による調査テーマ・内容の発表1回目)
5月第5週:事前セミナー3回目(受講者による調査テーマ・内容の発表2回目)
6月第2週:事前セミナー4回目(調査内容・方法を固める)
7月第3週:事後セミナー1回目:(調査結果の検討1回目)
10月第2週:事後セミナー2回目:(調査結果の検討2回目)
11月第2週:事後セミナー3回目:(調査結果の検討3回目)
12月第3週:ラオスチームの国際ワークショップ開催(ORT成果発表)

問合せ先

竹中千里(生命農学研究科・教授)

横山智(環境学研究科・教授)

Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.