名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

国内会議

バイオ炭のもたらす社会的効果と普及に当たっての課題
-持続可能な農業と地域活性化をめざして-

スケジュール

2010年7月27日(火)13:30-16:30(13:00受付開始)
東京第一ホテル錦(アクセスマップ

問い合わせ

宮田将門(名古屋大学大学院環境学研究科都市環境学専攻・日本学術振興会 特別研究員)
miyata@urban.env.nagoya-u.ac.jp

詳細

第一部 報告書解説&基調講演 (13:30-14:50)

1. 報告書「バイオ炭の普及に関する実践的調査研究」 解説 20 分
  ・・・松林 正之((社)日本プロジェクト産業協議会・主席研究員)

2. 基調講演「炭の効果と温暖化対策(仮題)」 60 分
  ・・・小川 眞(日本バイオ炭普及会・会長、大阪工業大学・客員教授)

第二部 パネルディスカッション( 15:00-16:30)

テーマ:「バイオ炭のもたらす社会的効果と普及にあたっての課題」

コーディネーター:林 良嗣(名古屋大学大学院環境学研究科・教授)

パネリスト(敬称略・五十音順):
小川 眞(日本バイオ炭普及会・会長、大阪工業大学・客員教授)
杉浦 剛(愛知県美浜町・町会議員、有機農業家)
中野 牧子(名古屋大学大学院環境学研究科・准教授)
松林 正之((社)日本プロジェクト産業協議会・主席研究員)

主催・共催・後援

主催 :(財)中部産業・地域活性化センター(CIRAC)、(社)日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)
共催 :名古屋大学グローバルCOE プログラム「地球学から基礎・臨床環境学への展開」
後援 :愛知県、 名古屋市、(社)中部経済連合会(いずれも予定)

ポスター・参加申込書


 ポスター・参加申込書
定員:150名

Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.