名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

セミナー

SELIS-GCOE合同セミナー
森林地下部生態系における樹木根系の炭素循環への貢献

スケジュール

2010年7月2日(金)16:30-
環境総合館2階・第二会議室

講演者

平野恭弘(環境学研究科地球環境システム学講座・准教授)

詳細

地球温暖化対策の国際的約束である京都議定書の中で森林における炭素吸収量、特に約束期間における炭素変化量を正確に推定することが求められいる。
森林の炭素貯蔵機能といえば地上で目に見える太い幹に目が行きがちであるが、普段見ることのできない地下部に生育する根系、特に太い根の部分にも樹木全体の20-40%の炭素が貯蔵され、その貢献度は無視できない。さらに細い根は樹木全体の数%の炭素量しかないものの、比較的短い期間で生産枯死を繰り返すことやその活性の高さから、細い根の生産量は純一次生産量の30%程度とも報告されている。
本講演では、特に樹木根が炭素貯蔵や炭素循環にどのように貢献しているかについて、(1)根の広がり、(2)太い根と(3)細い根の機能に注目しながら根の生理生態や寿命の話、それらの測定方法を交えながら紹介する。

Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.