名古屋大学グローバルCOEプログラム 地球学から基礎・臨床環境学への展開

BCES

特任教員/COE研究員

劉 晨

氏名 劉 晨 劉 晨
所属・身分 環境学研究科・特任准教授
居室 環境総合館1階101号室
メールアドレス
研究キーワード 物質フロー、社会調査、ライフスタイルの変化、環境影響評価、低炭素村、日中環境意識の相違

メッセージ

大量生産・大量消費・大量廃棄というライフスタイルをベースに発展してきた市場経済システムは地球環境に対し大きな負担をかけるものであり、自然環境のバランスを少しずつ崩し始めています。人口の増加と資源・エネルギー・環境容量の有限性が懸念される中、21世紀は人類が末永く、安心・安全・健康に生活を送るために、「モノの豊かさ」から「精神の豊かさ」へとパラダイムシフトし、環境生態系と調和した社会システム,ライフスタイルを実現する世紀にしていかなければなりません。近年中国の食生活は大きく変化し、穀物を中心とした従来型から、肉食を中心にする先進国型に移りつつあり、畜産飼料として使われる穀物量の増大によって全体の穀物消費が増加しています。このことは、食料問題や地域の物質バランスのみならず、社会の持続発展にも大きな影響を与えています。私は現在の中国農村地域におけるライフスタイルの変化が窒素・リンフローにどんな影響を及ぼしているかを明らかにすることを目指しています。

研究テーマ

中国における「農村地域の都市化」の視点から、都市型ライフスタイル(食生活、日常生活、農作方法、環境意識など)の変化による環境(水、大気、土壌)への影響評価。具体的には、

  1. 現地調査に基づいた長江流域のN, Pフローの解析
  2. 中国における人口流動の実態解析
  3. 日中水環境に対する環境意識の相違
  4. 低炭素村への検討

となります。

略歴

学歴

1994年7月 中国天津市国立南開大学環境科学学科 卒業
1998年3月 京都大学大学院人間・環境学研究科情報認知論専攻 修了
2001年3月 京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻 修了
2001年3月 博士(情報学)取得

研究歴

2002年1月
~2004年12月
日本学術振興会 科学技術特別研究員
2005年1月
~2006年3月
独立行政法人国立環境研究所水土壌研究領域
NIESポスドクフェロー
2006年4月
~2009年12月
独立行政法人国立環境研究所アジア自然共生研究グループ
NIESフェロー
2010年1月
~現在
名古屋大学大学院情報学研究科
COE特任准教授

論文・著書

  • 石村貞夫・劉晨・玉村千治:Excelでやさしく学ぶ産業連関分析,日本評論者,東京,2009年.
  • 石村貞夫・劉晨:多変量解析による環境統計学,共立出版,東京,2009年.
  • 劉 晨・盧志和・石村貞夫:社会調査・経済分析のためのSPSSによる統計処理,東京図書,東京,2005年.
  • Chen LIU, Qinxue WANG, Alin LEI, Yonghui YANG, Zhu OUYANG, Yaoming LIN, Yan LI, Kelin WANG. Parameters of the Regional Nitrogen Balance Model: A field investigation of 6 ecosystems of China, Biogeochemistry, 94, 175-190, 2009.
  • Chen LIU, Qinxue WANG, Motoyuki MIZUOCHI, Kelin WANG, LIN Yaoming. Human Behavioral Impact on Nitrogen Flow ? A Case Study in the Rural Areas of the Middle and Lower Reaches of Changjiang River, China. Agriculture, Ecosystems & Environment 125, 84-92, 2008
  • Chen Liu, Masataka Watanabe and Qinxue Wang. Changes in Nitrogen Budgets and Nitrogen Use Efficiency in the Agroecosystems of the Changjiang River Basin between 1980 and 2000, Nutrient Cycling in Agroecosystems 80, 19?37, 2008
  • Chen LIU, Kuninori OTSUBO, Qinxue WANG, Toshiaki ICHINOSE and Sadao Ishimura. Spatial Distribution and Influential Factors of Floating Population. Chinese Geographical Science, 17(2), 099-109, 2007.
  • Chen Liu, Qinxue Wang and Masataka Watanabe. Nitrogen Transported to Three Gorges Dam from Agro-ecosystem during 1980-2000, Biogeochemistry, 81, 291-312, 2006.
Copyright © 2009 Nagoya University All Rights Reserved.